OKAMOTO'S“Dancing Boy”PVにコムアイ、水原希子、菅田将暉、北村匠海ら

OKAMOTO'Sの楽曲“Dancing Boy”のPVが公開された。

“Dancing Boy”は1月にリリースされたアルバム『BOY』の収録曲。バンドが10周年を迎えるにあたってメンバーがこれまでを振り返り、音楽に初期衝動を感じた頃から変わらずにバンドという「夢」を追い続けることを歌う楽曲だ。

PVはメンバー全員が平成生まれであり、平成を駆け抜けた同世代の仲間の姿を「平成の卒業アルバム」という位置付けで映像作品として残したいという想いから制作に着手。BOØWYの1987年の楽曲“季節が君だけを変える”のPVに触発され、BOØWYのメンバーの承諾を得て同作へのオマージュとしてPVを制作した。完成したPVはすでにOKAMOTO'Sのオフィシャルアプリ内で先行公開されていた。

YouTubeで一般公開されたPVには150人を超える同世代の人物が次々に登場。出演者にはGEN(04 Limited Sazabys)、コムアイ(水曜日のカンパネラ)、佐野玲於(GENERATIONS)、関口メンディー(GENERATIONS)、北村匠海(DISH//)、吉澤嘉代子、KANDYTOWN、Tohji(Mall Boyz)、マヒトゥ・ザ・ピーポー(GEZAN)らメンバーとゆかりのあるアーティストや、菅田将暉、野村周平、太賀、成田凌、水原希子といった俳優陣が名を連ねている。

なお、OKAMOTO'Sは6月27日に東京・九段下の日本武道館でワンマンライブ『OKAMOTO'S 10th ANNIVERSARY LIVE “LAST BOY”』を開催。チケット完売後、機材席開放に伴って本日5月28日から追加席の先行販売がスタートした。

  • HOME
  • Music
  • OKAMOTO'S“Dancing Boy”PVにコムアイ、水原希子、菅田将暉、北村匠海ら

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて