『爆音映画祭』MOVIX八尾で初開催 『ボヘラプ』『ゴジラ』最新作など11本

上映企画『爆音映画祭 in MOVIX八尾』が、6月27日から大阪・MOVIX八尾で開催される。

4日間にわたって行なわれる同イベントは、樋口泰人(boid)が総合プロデュースを担当。同館で『爆音映画祭』が開催されるのは今回が初となる。

上映作品には『爆音映画祭』初登場となる『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』をはじめ、フレディ・マーキュリー(Queen)の半生を描いた『ボヘミアン・ラプソディ』、『劇場版シティーハンター <新宿プライベート・アイズ>』『マッドマックス 怒りのデス・ロード ブラック&クロームエディション』など11本がラインナップ。チケットの販売は6月1日からスタートする。

イベント情報

『爆音映画祭 in MOVIX八尾』

2019年6月27日(木)~6月30日(日) 会場:大阪府 MOVIX八尾
上映作品: 『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』(監督:マイケル・ドハティ) 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』(監督:ジョージ・ミラー) 『マッドマックス 怒りのデス・ロード ブラック&クロームエディション』(監督:ジョージ・ミラー) 『ベイビー・ドライバー』(監督:エドガー・ライト) 『スパイダーマン:スパイダーバース』(監督:ボブ・ペルシケッティ、ピーター・ラムジー、ロドニー・ロスマン) 『劇場版シティーハンター <新宿プライベート・アイズ>』(監督:こだま兼嗣) 『ボヘミアン・ラプソディ』(監督:ブライアン・シンガー) 『レ・ミゼラブル』(監督:トム・フーパー) 『グレイテスト・ショーマン』(監督:マイケル・グレイシー) 『ヘアスプレー』(監督:アダム・シャンクマン) 『バーレスク』(監督:スティーヴ・アンティン) 料金:1,800円

関連リンク

  • HOME
  • Movie/Drama
  • 『爆音映画祭』MOVIX八尾で初開催 『ボヘラプ』『ゴジラ』最新作など11本

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて