odolの新作『眺め / POSE』6月に配信リリース ワンマンはKITEが映像演出

odolの新作『眺め / POSE』が6月19日に配信リリースされる。

同作には、odolにとって約8か月ぶりの新曲となる“眺め”“POSE”を収録。odolのオフィシャルサイトでは柴那典によるライナーノーツが公開されている

また7月4日に東京・渋谷のWWWで開催されるodolのワンマンライブで、クリエイティブカンパニー「KITE」が映像演出を手掛けることが判明。4月に東京・渋谷のTSUTAYA O-EASTで行なわれたCINRA.NET主催の音楽イベント『CROSSING CARNIVAL - visual edition-』で披露された映像演出をもとに一部の楽曲で再びコラボを行なう。さらにWWWのラウンジスペースには森山公稀(Pf)によるサウンドインスタレーション作品『Sounds / Threads』を展示。チケットは現在販売中だ。

リリース情報
イベント情報

『odol LIVE 2019“O/g-10”』

2019年7月4日(木) 会場:東京都 渋谷 WWW 料金:前売3,300円(ドリンク別) ※『Sounds / Threads』の展示は18:30~19:15および終演後30分程度を予定

関連リンク

  • HOME
  • Music
  • odolの新作『眺め / POSE』6月に配信リリース ワンマンはKITEが映像演出

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて