加藤雅也が画家役『影に抱かれて眠れ』特報、主題歌はクレイジーケンバンド

映画『影に抱かれて眠れ』の特報が公開された。

北方謙三の小説『抱影』をもとにした同作は、神奈川・横浜の野毛を愛し、2軒の酒場を営む抽象画家の硲冬樹が主人公。酒場を巡り、絵を描く日常を送っていた冬樹だったが、彼を親のように慕う岩井信治が傷を負って現れたことから、やがて事件に巻き込まれていく、というあらすじだ。硲冬樹役に加藤雅也がキャスティング。公開は9月6日。

クレイジーケンバンドが歌う主題歌“場末の天使”を使用した特報には、冬樹がデッサンする様子や、中村ゆり演じる永井響子の「絵の中に私がいます」というセリフ、AK-69と若旦那演じる横浜のヤクザの姿などが確認できる。また今回の発表とあわせて「男は、全てを受け入れた――」というキャッチコピーと共に後ろ姿の冬樹の姿を捉えたポスタービジュアルも公開された。

作品情報

『影に抱かれて眠れ』

2019年9月6日(金)から丸の内TOEI 2、横浜ブルク13ほか全国で順次公開
監督:和泉聖治 脚本:小澤和義 原作:北方謙三『抱影』(講談社文庫刊) 主題歌:クレイジーケンバンド“場末の天使” 出演: 加藤雅也 中村ゆり 松本利夫 カトウシンスケ 熊切あさ美 若旦那 余貴美子 火野正平 AK-69 配給:BS-TBS
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 加藤雅也が画家役『影に抱かれて眠れ』特報、主題歌はクレイジーケンバンド

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて