Alfred Beach Sandal・北里彰久、本人名義での初アルバム『Tones』7月発売

北里彰久(Alfred Beach Sandal)の1stアルバム『Tones』が7月10日にリリースされる。

2009年からソロユニットAlfred Beach Sandalとして活動している北里彰久。本人名義では初のフルアルバムとなる同作には、全9曲を収録する。エンジニアはAlfred Beach Sandal名義で2015年にリリースした3rdアルバム『Unknown Moments』に引き続きzAkが務め、サポートミュージシャンにはSTUTS(Beat Programming)、光永渉(Dr)、池部幸太(Ba)、山本紗織(Fl)が参加。

今回の発表とあわせてオフィシャルサイトがリニューアルしたほか、寺沢美遊が撮影した新たなアーティスト写真が公開。さらにアルバム発売を記念したレコ発ツアーが7月28日に長崎・崇福寺のCoffee & clayworks 笠、7月30日に福岡・正屋、9月1日に兵庫・神戸の旧グッゲンハイム邸、9月14日に東京・青山のCAYで行なわれる。長崎公演と福岡公演はアコースティックバンドセット、兵庫公演と東京公演はバンドセットとなる。チケットの詳細は後日発表。

リリース情報

北里彰久
『Tones』(CD)

2019年7月10日(水)発売 価格:2,700円(税込) PECF-1175
イベント情報

『北里彰久“Tones”release tour』

2019年7月28日(日) 会場:長崎県 崇福寺 Coffee & clayworks 笠 2019年7月30日(火) 会場:福岡県 正屋 2019年9月1日(日) 会場:兵庫県 神戸 旧グッゲンハイム邸 2019年9月14日(土) 会場:東京都 青山 CAY

関連リンク

  • HOME
  • Music
  • Alfred Beach Sandal・北里彰久、本人名義での初アルバム『Tones』7月発売

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて