バカリズムが再びOLに 『劇場版 架空OL日記(仮)』2020年公開

『劇場版 架空OL日記(仮)』が2020年に公開される。

同作は、バカリズムが2006年から3年間にわたって銀行勤務のOLとして書き綴っていたブログを書籍化した『架空OL日記』をもとに2017年に放送された同名ドラマの映画版。『第55回ギャラクシー賞』奨励賞を獲得した同ドラマで、脚本を手掛けた主演のバカリズムは『第55回ギャラクシー賞』特別賞、『第36回向田邦子賞』を受賞した。映画版でも主演のバカリズムが脚本を担当。監督はドラマ版に引き続き住田崇が務めた。

バカリズムは映画化について「そのうちやれるとは思っていましたが、率直な気持ちとしては、嬉しいです。その一言ですね」とコメント。また映画化にあたって脚本上で気をつけた点については「特には、無いですね。逆に、映画だからといって変えることないようにしました。ドラマ版と同じ世界で、その世界が壊れないように。ドラマ版を見ていた人もすんなりと作品に入れるように心がけました」と語っている。出演者などの詳細は後日発表。

バカリズムのコメント

今の率直な気持ち
そのうちやれるとは思っていましたが、率直な気持ちとしては、嬉しいです。その一言ですね。
映画化にあたって脚本上で気をつけた点
特には、無いですね。逆に、映画だからといって変えることないようにしました。ドラマ版と同じ世界で、その世界が壊れないように。ドラマ版を見ていた人もすんなりと作品に入れるように心がけました。
見どころについて
ドラマ版と一緒で、これといった事件は起きないのですが、見る人が心地好く、ずっと見ていられる作品だと思います。
意気込みについて
正直意気込むようなタイプの作品では無いのかなと思っています。 意気込むと、リアルでは無くなってしまうので、普通に生活している様子を見せられたら、と思っています。

住田崇監督のコメント

今の率直な気持ち
深夜ドラマでひっそり好きなことをやろうからスタートしたのが映画化なんて凄く嬉しいです。
『架空OL日記』という作品で再びバカリズムと撮影できることについて
バカリズム脚本史上、一番クレージーな作品かと。そのクレイジーさを丁寧に紡ぎたいです。
見どころについて
ここで大々的にドカーンとぶち上げれればいいんですが…正直ありません(笑)。ドラマ同様、淡々とOL生活を描きます。ただ面白いです。そして新キャラクターも登場しますのでご期待ください。
意気込みについて
気負わず、楽しく、努めます。

古島裕己(読売テレビ)プロデューサーのコメント

映画化に踏み切った理由
素敵な作品をもう一度、皆さんにお届けできたらという気持ちだけです。
見どころについて
多くの人と一緒に映画館で観ていただくことで、より「架空OL日記」の世界観につかって幸せを感じていただければと思います。
意気込みについて
『架空OL日記』が映画になるという幸せをかみしめながら、撮影できればと思います。

伊藤太一(AOI Pro.)プロデューサーのコメント

映画化に踏み切った理由
続編をずっとやりたいと思っていましたが、まさか映画にできるとは!と驚いています。
見どころについて
ドラマ版の世界観はそのままに、ニヤニヤがさらに止まりません。
意気込みについて
本番中、笑い声を堪えるのが大変ですが、、頑張ります。

作品情報

『劇場版 架空OL日記(仮)』

2020年全国公開
監督:住田崇 脚本:バカリズム 原作:バカリズム『架空OL日記』(小学館文庫) 出演: バカリズム  ほか 配給:ポニーキャニオン/読売テレビ

関連リンク

  • HOME
  • Movie,Drama
  • バカリズムが再びOLに 『劇場版 架空OL日記(仮)』2020年公開

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて