京マチ子追悼上映企画に『羅生門』『地獄門』『穴』『雨月物語』など11本

上映企画『京マチ子映画祭 追悼上映』が、8月2日から東京・YEBISU GARDEN CINEMAで開催される。

今年で女優デビュー70周年を迎え、5月12日に逝去した京マチ子。黒澤明監督の『羅生門』で『ヴェネチア国際映画祭』金獅子賞、溝口健二監督の『雨月物語』で同銀獅子賞、衣笠貞之助監督の『地獄門』で『カンヌ国際映画祭』パルムドールなど、主演作が海外の映画祭で次々と賞を獲得したことから「グランプリ女優」と呼ばれた。2月から『京マチ子映画祭』が全国で順次行なわれている。

今回の企画では、黒澤明監督の『羅生門』、溝口健二監督の『雨月物語 4K修復版』『赤線地帯 4K修復版』、小津安二郎監督の『浮草 4K修復版』、衣笠貞之助監督の『地獄門』、市川崑監督の『鍵』に加えて、『京マチ子映画祭』のラインナップには入っていなかった市川崑監督の『穴』など11本を上映。

イベント情報

『京マチ子映画祭 追悼上映』

2019年8月2日(金)~ 会場:東京都 YEBISU GARDEN CINEMA
上映作品: 『羅生門』(監督:黒澤明) 『雨月物語 4K修復版』(監督:溝口健二) 『地獄門』(監督:衣笠貞之助) 『赤線地帯 4K修復版』(監督:溝口健二) 『鍵』(監督:市川崑) 『浮草 4K修復版』(監督:小津安二郎) 『黒蜥蜴』(監督:井上梅次) 『偽れる盛装』(監督:吉村公三郎) 『細雪』(監督:島耕二) 『いとはん物語』(監督:伊藤大輔) 『穴』(監督:市川崑)
  • HOME
  • Movie/Drama
  • 京マチ子追悼上映企画に『羅生門』『地獄門』『穴』『雨月物語』など11本

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて