ニュース

トム・ヨーク新アルバム『ANIMA』発表、NetflixでPTA監督の映像作品公開

トム・ヨーク『ANIMA』ジャケット
トム・ヨーク『ANIMA』ジャケット

トム・ヨークのニューアルバム『ANIMA』がリリースされることがわかった。

ソロ名義のスタジオ作品としては『The Eraser』『Tomorrow's Modern Boxes』に続く3枚目のアルバムとなる同作には、全9曲を収録。映像作家タリク・バリと共にAtoms For Peace『Amok』以降、展開しているオーディオビジュアル型のライブに端を発した制作プロセスを経て完成したとのこと。トム・ヨークは「このレコードの制作過程はライヴ・ショウから生まれた」とコメントしている。

全作曲をトム・ヨークが手掛け、Radioheadやトム・ヨークの作品に携わってきたナイジェル・ゴドリッチがプロデューサーを務めているほか、フィル・セルウェイ(Radiohead)、ジョーイ・ワロンカー(Atoms For Peace)が参加。発表とあわせてスタンリー・ドンウッドとドクター・チョックの鉛筆画を起用したアートワークが公開された。

アルバムは6月27日8:01に配信リリースされるほか、7月17日に日本盤CD、7月19日に輸入盤CDおよびアナログ盤が発売。日本盤CDは高音質のUHQCD仕様となり、歌詞対訳と解説書、3枚の限定アートカードが封入される。購入特典として、タワーレコードで缶バッチ、HMV、diskunion、TSUTAYA、そのほかの法人、BEATINK.COMではオリジナルステッカー、Amazon.co.jpではマグネットを先着でプレゼントする。

輸入アナログ盤には、2枚組ブラックヴァイナル盤と限定販売される2枚組オレンジヴァイナル盤を用意。ボーナストラックを追加収録した全10曲入りとなる。

さらに、6月27日16:00から『ANIMA』と題したワンリーラーの映像作品がNetflixで限定公開。ワンリーラーは12分未満の短編映画を意味する。映像作品『ANIMA』にはアルバムの収録曲3曲を使用。監督はポール・トーマス・アンダーソンが務めた。NetflixのオフィシャルYouTubeチャンネルではトレーラー映像が公開中だ。

なおトム・ヨークはTHOM YORKE TOMORROW'S MODERN BOXES名義で『FUJI ROCK FESTIVAL'19』に出演。7月26日に「WHITE STAGE」に登場する。

トム・ヨーク『ANIMA』収録内容

1. Traffic
2. Last I heard(…He Was Circling the Drain)
3. Twist
4. Dawn Chorus
5. I Am a Very Rude Person
6. Not the News
7. The Axe
8. Impossible Knots
9. Runwayaway
10.(Ladies & Gentlemen, Thank You for Coming) (ボーナストラック)
※ボーナストラックは輸入アナログ盤のみ収録

トム・ヨーク(Photo by Alex Lake)
トム・ヨーク(Photo by Alex Lake)
『ANIMA』ビジュアル
『ANIMA』ビジュアル
画像を拡大する(13枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開