『なかよし』創刊65周年展で『リボンの騎士』『セラムン』などの原画展示

『講談社「なかよし」創刊65周年記念 原画展』が、10月4日から東京・根津の弥生美術館で開催される。

同展は、雑誌『なかよし』が2020年1月号で65周年を迎えることを記念するもの。これまでに同誌に掲載された手塚治虫『リボンの騎士』、美内すずえ『妖鬼妃伝』、あさぎり夕『なな色マジック』、武内直子『美少女戦士セーラームーン』、猫部ねこ『きんぎょ注意報!』、CLAMP『魔法騎士レイアース』『カードキャプターさくら クリアカード編』、安野モヨコ『シュガシュガルーン』、PEACH-PIT『しゅごキャラ!』などの原画を紹介する。

さらに昨年逝去したあさぎり夕の追悼コーナーや、立川恵『怪盗セイント・テール』、征海未亜、吉田玲子による『東京ミュウミュウ』の付録を展示するコーナー、上北ふたご、東堂いづみによる『プリキュアシリーズ』など現在の『なかよし』連載陣を紹介するコーナーを設置。9月頃には同展で展示される原画を収録した図録の刊行を予定している。なお同展は、前・中・後期の3期構成となり、作品保護のためカラー原画のみ展示替えを実施。

イベント情報

『講談社「なかよし」創刊65周年記念 原画展』

2019年10月4日(金)~12月25日(水) 会場:東京都 根津 弥生美術館 時間:10:00~17:00(入館は16:30まで) 休館日:月曜(祝日の場合は翌火曜) 料金:一般900円 大・高生800円 中・小生400円 ※竹久夢二美術館も入場可
  • HOME
  • Book
  • 『なかよし』創刊65周年展で『リボンの騎士』『セラムン』などの原画展示

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて