ドリカムが『SWITCH』特集でニューオーリンズ旅、中村正人×バラカン対談も

特集記事「THE VERY BEST OF DREAMS COME TRUE WHEN THE SAINTS GO MARCHING IN NEW ORLEANS」が、7月20日発売の雑誌『SWITCH Vol.37 No.8』に掲載されている。

今年30周年を迎えるDREAMS COME TRUE。『SWITCH』の表紙・巻頭特集に登場するのは約12年ぶりとなる。

同号では約50ページにわたってDREAMS COME TRUEを特集。アメリカ・ニューオーリンズを旅する中村正人と吉田美和の姿を写真家の蓮井幹生が撮り下ろした写真や、約1万5千字に及ぶロングインタビューが収録されているほか、過去のDREAMS COME TRUE特集号に収録されてきた写真や文章を紹介する。

また、中村正人が「長年会いたかった」というピーター・バラカンとの初対談が実現。2人の音楽体験からニューオーリンズの音楽について語り合う中で「DREAMS COME TRUEの音楽の在り方」を紐解く。さらに、ピーター・バラカンがニューオーリンズの音楽を歴史や文化を交えて解説するインタビューも収録される。

書籍情報
  • HOME
  • Book
  • ドリカムが『SWITCH』特集でニューオーリンズ旅、中村正人×バラカン対談も

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて