ニュース

トム・クルーズ主演『トップガン マーヴェリック』2020年夏公開 特報到着

映画『トップガン マーヴェリック』が2020年夏に公開される。

同作は、アメリカ海軍のエリートパイロット養成学校「トップガン」に所属するエースパイロット候補生の挫折と栄光の日々を描いた1986年公開のトム・クルーズ主演作『トップガン』の新作。主人公マーヴェリックをトム・クルーズが演じるほか、マイルズ・テラー、ジェニファー・コネリー、エド・ハリス、前作でマーヴェリックのライバル・アイスマンを演じたヴァル・キルマーらがキャストに名を連ねる。

監督は『オブリビオン』でもクルーズとタックを組んだジョセフ・コシンスキー。『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズなどのジェリー・ブラッカイマーがプロデューサーを務め、『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』などを手掛けたクリストファー・マッカリーが脚本を担当する。

今回の発表とあわせて特報映像が公開。映像はエド・ハリス演じる高官から、輝かしい功績を残しながら未だ昇進することがないマーヴェリックが、疑問を投げかけられるシーンで始まり、高速飛行する戦闘機の様子や、マーヴェリックがバイクで疾走する姿、「必ず終わりが来る」という言葉に対して「そうですね、でも今日じゃない」と返す場面などが確認できる。

特報映像はアメリカ・サンディエゴで行なわれた『コミコン・インターナショナル 2019』で初披露されたもの。イベントにサプライズ登壇したトム・クルーズは「僕にとって、『トップガン』とは、競い合い。『トップガン』とは家族。自らを捧げること。英雄的な勇気。それから、空を飛ぶこと。僕は空を飛ぶことを愛してやまない。映画は、空を飛ぶことへのラブレターかもしれない」と話した。

『トップガン マーヴェリック』ティザーポスタービジュアル ©2019 Paramount Pictures Corporation. All rights reserved.
『トップガン マーヴェリック』ティザーポスタービジュアル ©2019 Paramount Pictures Corporation. All rights reserved.
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『角舘健悟 × 青葉市子 Live at Waseda Scotthall』

2020年、全4回にわたって行われてきた対談連載企画『角舘健悟の未知との遭遇』。青葉市子と遭遇し、教会に迷い込んだ2人の秘密のセッションの様子が公開された。本連載の趣旨でもあり、2人を繋いだYogee New Wavesの”Summer of Love”と、青葉市子の”みなしごの雨”を披露。クリスマスの夜にどうぞ。(川浦)

  1. 新しい学校のリーダーズが世界へ。「自分らしさ」を探る旅路 1

    新しい学校のリーダーズが世界へ。「自分らしさ」を探る旅路

  2. ROTH BART BARON三船との対話 日本の音楽に宿るルーツを巡って 2

    ROTH BART BARON三船との対話 日本の音楽に宿るルーツを巡って

  3. 長瀬智也×宮藤官九郎『俺の家の話』 キャストや見どころ紹介 3

    長瀬智也×宮藤官九郎『俺の家の話』 キャストや見どころ紹介

  4. Perfumeがリーバイス「Levi's RED」新キャンペーンに起用、特別映像公開 4

    Perfumeがリーバイス「Levi's RED」新キャンペーンに起用、特別映像公開

  5. 西野七瀬が教師役で登場 神木隆之介、松本穂香ら出演au「高杉くん」新CM 5

    西野七瀬が教師役で登場 神木隆之介、松本穂香ら出演au「高杉くん」新CM

  6. カシオ「BABY-G」×ピカチュウのコラボモデル「BA-110PKC」販売 6

    カシオ「BABY-G」×ピカチュウのコラボモデル「BA-110PKC」販売

  7. 成人が「12歳の少女」としてSNS登録 性的搾取の実態追う記録映画『SNS』 7

    成人が「12歳の少女」としてSNS登録 性的搾取の実態追う記録映画『SNS』

  8. 『映画秘宝』年間映画ベスト&トホホ10に斎藤工、のん、宇多丸ら153人参加 8

    『映画秘宝』年間映画ベスト&トホホ10に斎藤工、のん、宇多丸ら153人参加

  9. 綾野剛主演『ホムンクルス』場面写真一挙公開 成田凌、岸井ゆきのらの姿も 9

    綾野剛主演『ホムンクルス』場面写真一挙公開 成田凌、岸井ゆきのらの姿も

  10. 川崎鷹也が語る、世間に見つかるまでの葛藤と、根底にある「愛」 10

    川崎鷹也が語る、世間に見つかるまでの葛藤と、根底にある「愛」