『夜空と交差する森の映画祭』に『ムーンライズ・キングダム』など24本追加

オールナイト上映イベント『夜空と交差する森の映画祭2019』の続報が発表された

9月21日に静岡・沼津の泊まれる公園「INN THE PARK」で開催される『夜空と交差する森の映画祭』は、「映画文化の発展とインディーズ映画等の認知度向上への寄与」を目的に、長編映画やショートフィルムを野外で上映するイベント。会場となる泊まれる公園「INN THE PARK」は、「大人の林間学校」をテーマに少年自然の家をリノベーションした宿泊施設で、イベントを行なえる「芝生公園」、森に浮かび上がる「球体テント」、「サロンカフェ」などのスペースで構成される。

今回の発表で、ウェス・アンダーソン監督の『ムーンライズ・キングダム』など24作品が新たに追加。また早割期間が7月31日まで延長したほか、新幹線三島駅からのシャトルバスと新宿および名古屋からの直行バスツアーの増便、専用シートと映画と料理を楽しめるポップアップレストラン、Soup Stock Tokyoの出店がわかった。

追加された上映作品は『ムーンライズ・キングダム』『タイムマシン』『苦界』『近すぎるのに遠い、だなんて。』『海辺の迷子たち』『のこされたもの 』『ラヂオ幽霊』『リワインドメモリー(Memories Rewound)』『凡凡日和』『座敷わらし』『一滴の雫から広がる波紋』『避雷針』『宮田バスターズ(株)』『Margaret』『VR職場』『そしてまた私たちはのぼってゆく』『ランチメイト症候群』『作家の落としもの』『ヒトのココロというものは』『青い』『ある東京都民の死』『目撃者』『わたしのキリン』『パラレルツインズ 』。

そのほかの詳細は『夜空と交差する森の映画祭2019』のオフィシャルサイトで確認しよう。

イベント情報

『夜空と交差する森の映画祭2019』

2019年9月21日(土) 会場:静岡県 沼津 泊まれる公園「INN THE PARK」
上映作品: 『きみに読む物語』 『インターステラー』 『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』 『顔たち、ところどころ』 『Mr.ミステイクの犬探し』 『one two three』 『こちら星山放送局』 『ブレイカーズ』 『音と風と夏休み』 『閃光』 『湯沸かしサナ子、29歳』 『万置き姉弟』 『MIRACLE TOYS THE BAR 君に会いたくて』 『くろまじゅつ』 『サイキッカーZ 新たなる脅威』 『じぞう』 『ユメみばなにうつつ』 『夏の夜の花』 『華やぎの時間』 『待つには遠すぎた初恋』 『長生ノスタルジア』 『憧れ』 『失恋科』 『量子の夏』 『あのえとあの』 『いまは昔』 『カセットテープ』 『ケンジとケイスケと』 『ラムネ』 『適度なふたり』 『ムーンライズ・キングダム』 『タイムマシン』 『苦界』 『近すぎるのに遠い、だなんて。』 『海辺の迷子たち』 『のこされたもの 』 『ラヂオ幽霊』 『リワインドメモリー(Memories Rewound)』 『凡凡日和』 『座敷わらし』 『一滴の雫から広がる波紋』 『避雷針』 『宮田バスターズ(株)』 『Margaret』 『VR職場』 『そしてまた私たちはのぼってゆく』 『ランチメイト症候群』 『作家の落としもの』 『ヒトのココロというものは』 『青い』 『ある東京都民の死』 『目撃者』 『わたしのキリン』 『パラレルツインズ 』 ほか 料金:早割9,800円 通常10,800円 「とくべつな入場チケット」15,000円
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 『夜空と交差する森の映画祭』に『ムーンライズ・キングダム』など24本追加

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて