ニュース

S・レオーネ『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ザ・ウェスト』本ビジュ

セルジオ・レオーネ監督の映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ザ・ウェスト』オリジナル版のメインビジュアルが公開された。

9月27日から公開される同作は、日本では『ウエスタン』の邦題で1969年に封切られた作品のオリジナル版。西部開拓期を舞台に、その地に嫁いできた元高級娼婦のジルが莫大な価値を秘めた土地の利権を巡って、冷酷な殺し屋、強盗団のボス、ハーモニカを奏でるガンマンらの熾烈な争いに巻き込まれていく様を描く。原案をベルナルド・ベルトルッチ、ダリオ・アルジェントが手掛け、音楽はエン二オ・モリコーネが担当している。日本初公開となるオリジナル版の上映時間は165分。なお今年はレオーネ監督の生誕90年、没後30年にあたる。

メインビジュアルは、2014年にアメリカのウェブサイト「Taste of Cinema」の「映画史上最も偉大なオープニング・シーン20」の1位に選出された同作のオープニングシーンから発案されたもの。美術監督カルロ・シーミが手掛けた停車場を舞台に、同じくシーミのデザインによるロングコートをまとった3人のガンマンと、チャールズ・ブロンソン演じる「ハーモニカ」が対峙する姿が写し出されている。

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ザ・ウェスト』オリジナル版メインビジュアル ©1968 BY PARAMOUNT PICTURES CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.
『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ザ・ウェスト』オリジナル版メインビジュアル ©1968 BY PARAMOUNT PICTURES CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.
『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ザ・ウェスト』オリジナル版 ©1968 BY PARAMOUNT PICTURES CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.
『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ザ・ウェスト』オリジナル版 ©1968 BY PARAMOUNT PICTURES CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

カネコアヤノ“光の方へ”

カネコアヤノの新作『燦々』より、すでに先行配信もされている屈指の名曲“光の方へ”のスタジオライブ映像。Tシャツ一枚に素足の飾り気ない佇まいが、音源よりも強気な歌声が、遠くを見つめたり、マイクをすっと見据えたり、手元を確認したりする一瞬一瞬が、いちいちかっこいい。カネコアヤノは、常に、今が一番最高なアーティストだと思う。(山元)

  1. 吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る 1

    吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る

  2. おうちでサマソニ。YouTubeライブ配信にThe 1975、レッチリ、Perfumeら 2

    おうちでサマソニ。YouTubeライブ配信にThe 1975、レッチリ、Perfumeら

  3. 柄本佑と瀧内公美が盆踊りを手繋ぎで横切る 映画『火口のふたり』本編映像 3

    柄本佑と瀧内公美が盆踊りを手繋ぎで横切る 映画『火口のふたり』本編映像

  4. 草彅剛がダメ長男、MEGUMI&中村倫也らが家族 映画『台風家族』場面写真 4

    草彅剛がダメ長男、MEGUMI&中村倫也らが家族 映画『台風家族』場面写真

  5. 漫画『スラムダンク』公式Tシャツ発売 桜木花道、流川楓らのイラスト使用 5

    漫画『スラムダンク』公式Tシャツ発売 桜木花道、流川楓らのイラスト使用

  6. 広瀬すずが『LIFE!』登場、『なつぞら』コラボで中川大志&内村光良と共演 6

    広瀬すずが『LIFE!』登場、『なつぞら』コラボで中川大志&内村光良と共演

  7. ビリー・アイリッシュという「現象」の正体 なぜ世界中で熱狂が? 7

    ビリー・アイリッシュという「現象」の正体 なぜ世界中で熱狂が?

  8. ピアニスト・清塚信也はなぜバラエティ番組に出る?意外な狙い 8

    ピアニスト・清塚信也はなぜバラエティ番組に出る?意外な狙い

  9. 『ライジング』8月16日は開催中止、台風10号接近のため 17日の開催は明日発表 9

    『ライジング』8月16日は開催中止、台風10号接近のため 17日の開催は明日発表

  10. コムアイ×Yogee角舘健悟 東京も好い、でも海外は発見に満ちている 10

    コムアイ×Yogee角舘健悟 東京も好い、でも海外は発見に満ちている