ニュース

『82年生まれ、キム・ジヨン』ストーリーブック無料公開、絵は西村ツチカ

西村ツチカのイラストを掲載した『「82年生まれ、キム・ジヨン」ストーリーブック』が、『82年生まれ、キム・ジヨン』の特設サイトで公開され、Amazon Kindle版が無料配信されている。

『82年生まれ、キム・ジヨン』は2016年に韓国で刊行され、100万部を突破したチョ・ナムジュの小説。IT関連の中堅企業に勤める夫と子供と共に韓国・ソウルに住む主人公キム・ジヨンが、ある日を境に自分の母親や友人の人格が憑依したように振る舞い始めるというあらすじで、著者のチョ・ナムジュが経験してきた様々な理不尽や不平等、女性であるがゆえの困難が描かれている。日本では昨年12月に刊行され、8月9日時点で累計発行部数約13万部を記録。

ストーリーブックは、『82年生まれ、キム・ジヨン』が今年1月から6か月連続で海外文学部門の売上第1位にランクインしたことを記念して公開。西村ツチカが描き下ろしたイラストと、本文から抜粋された文章が掲載されている。

あわせて出版社「クオン」の代表で、韓国書籍専門店「チェッコリ」のオーナーでもある金承福のコメントが公開。金承福は日本での反響を受け、「『82年生まれ、キム・ジヨン』はチェッコリでもベストセラーです。韓国文学がこれだけ日本で売れることは驚きで、『82年生まれ、キム・ジヨン』は『ヨン様ブーム文学版』のような状況かと思います。『キム・ジヨン』で初めて韓国文学に触れた多くの人が、次に読みたい本を探しに書店を訪れています。『韓国の小説だから』『K-POP スターが読んでいるから』ではなく、語られている内容が『自分ごと』として感じられるからこそ日本でもこれだけ幅広い年代の、たくさんの読者が手に取ったのではないでしょうか。人の心に響き、突き動かす力をもった作品だと思います」と述べている。

『82年生まれ、キム・ジヨン』はアメリカ、イギリス、フランス、ベトナムなど18か国、地域での翻訳化を控えているほか、キム・ドヨン監督による映画化が発表されている。

チョ・ナムジュ『82年生まれ、キム・ジヨン』表紙
チョ・ナムジュ『82年生まれ、キム・ジヨン』表紙
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

カネコアヤノ“光の方へ”

カネコアヤノの新作『燦々』より、すでに先行配信もされている屈指の名曲“光の方へ”のスタジオライブ映像。Tシャツ一枚に素足の飾り気ない佇まいが、音源よりも強気な歌声が、遠くを見つめたり、マイクをすっと見据えたり、手元を確認したりする一瞬一瞬が、いちいちかっこいい。カネコアヤノは、常に、今が一番最高なアーティストだと思う。(山元)

  1. 吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る 1

    吉田豪が見た『全裸監督』と村西とおる 過去の危ない体験談を語る

  2. おうちでサマソニ。YouTubeライブ配信にThe 1975、レッチリ、Perfumeら 2

    おうちでサマソニ。YouTubeライブ配信にThe 1975、レッチリ、Perfumeら

  3. 柄本佑と瀧内公美が盆踊りを手繋ぎで横切る 映画『火口のふたり』本編映像 3

    柄本佑と瀧内公美が盆踊りを手繋ぎで横切る 映画『火口のふたり』本編映像

  4. 草彅剛がダメ長男、MEGUMI&中村倫也らが家族 映画『台風家族』場面写真 4

    草彅剛がダメ長男、MEGUMI&中村倫也らが家族 映画『台風家族』場面写真

  5. 漫画『スラムダンク』公式Tシャツ発売 桜木花道、流川楓らのイラスト使用 5

    漫画『スラムダンク』公式Tシャツ発売 桜木花道、流川楓らのイラスト使用

  6. 広瀬すずが『LIFE!』登場、『なつぞら』コラボで中川大志&内村光良と共演 6

    広瀬すずが『LIFE!』登場、『なつぞら』コラボで中川大志&内村光良と共演

  7. ビリー・アイリッシュという「現象」の正体 なぜ世界中で熱狂が? 7

    ビリー・アイリッシュという「現象」の正体 なぜ世界中で熱狂が?

  8. ピアニスト・清塚信也はなぜバラエティ番組に出る?意外な狙い 8

    ピアニスト・清塚信也はなぜバラエティ番組に出る?意外な狙い

  9. 『ライジング』8月16日は開催中止、台風10号接近のため 17日の開催は明日発表 9

    『ライジング』8月16日は開催中止、台風10号接近のため 17日の開催は明日発表

  10. コムアイ×Yogee角舘健悟 東京も好い、でも海外は発見に満ちている 10

    コムアイ×Yogee角舘健悟 東京も好い、でも海外は発見に満ちている