タランティーノ新作からマーゴット・ロビー演じるシャロン・テート映像公開

クエンティン・タランティーノ監督の新作映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』の本編映像と場面写真が公開された。

1969年のロサンゼルスを舞台に、ハリウッド黄金時代の最後の瞬間を描く同作。タランティーノは製作、脚本、監督を務めており、脚本の執筆には約5年を費やしたという。ハリウッドで栄光を取り戻そうとする落ち目のテレビ俳優リック・ダルトン役をレオナルド・ディカプリオ、長年ダルトンのスタントマンを務めているクリフ・ブース役をブラッド・ピット、当時人気の新人女優だったシャロン・テート役をマーゴット・ロビーが演じる。公開は8月30日。

公開されたのは、マーゴット・ロビー演じるシャロン・テートの姿を捉えた場面写真と本編映像。本編映像には、自身が出演した映画『サイレンサー 第4弾 破壊部隊』のチケットを購入しようとするテートがチケットカウンターで「私が出演者だったら?」「つまり?」「映画に出てるの。シャロン・テートよ」といったやりとりをする様子や、支配人から劇場に迎え入れられる場面が映し出されている。

なお本日8月9日は、シャロン・テートがカルト集団マンソン・ファミリーに殺害されてから50年となる。

作品情報

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』

2019年8月30日(金)から全国公開
出演: レオナルド・ディカプリオ ブラッド・ピット アル・パチーノ マーゴット・ロビー ダコタ・ファニング ジェームズ・マースデン ルーク・ペリー ティム・ロス マイケル・マドセン カート・ラッセル エミール・ハーシュ ティモシー・オリファント ダミアン・ルイス 配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
  • HOME
  • Movie,Drama
  • タランティーノ新作からマーゴット・ロビー演じるシャロン・テート映像公開

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて