加藤典洋巡るラジオ特番『ねじれちまった悲しみに』に小川哲、上野千鶴子ら

加藤典洋を巡るドキュメンタリー番組『ねじれちまった悲しみに』が、8月18日にTOKYO FMほかで放送される。

今年5月に逝去した文芸評論家の加藤典洋。『敗戦後論』をはじめ、戦後日本の「ねじれ」を指摘し続け、4月に最後の著作となった『9条入門』を発表していた。

番組では日本国憲法第9条の誕生について書かれた『9条入門』を手に、作家・小川哲が参院選の街頭演説や8月15日の靖国神社といった東京の風景を歩きながら、加藤が指摘してきた様々な「ねじれ」について考察する。加藤と同学年の研究者である社会学者の上野千鶴子や、日本文学研究家のマイケル・エメリックとの対話を通して、加藤の足跡を辿る。語りは女優で日本舞踊家の藤間爽子が務める。

番組情報

『ねじれちまった悲しみに』

2019年8月18日(日)19:00〜19:55にTOKYO FM、FM長野、Hi-Six、20:00〜20:55にRhythm Stationで放送
出演: 小川哲 マイケル・エメリック 上野千鶴子 長瀬海 藤岡泰弘 語り:藤間爽子
  • HOME
  • Book
  • 加藤典洋巡るラジオ特番『ねじれちまった悲しみに』に小川哲、上野千鶴子ら

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて