ニュース

夏帆主演『ブルーアワーにぶっ飛ばす』箱田優子監督がコミカライズ、9月発売

箱田優子監督の映画『ブルーアワーにぶっ飛ばす』のコミカライズが9月6日に刊行される。

10月11日から劇場公開される『ブルーアワーにぶっ飛ばす』は、仕事にも人生にもぼやきながら東京でCMディレクターとして働く30歳の砂田が、病気の祖母を見舞うため、自由奔放な友人・清浦と共に大嫌いな地元・茨城に帰ることになるというあらすじ。砂田役に夏帆、清浦役にシム・ウンギョンがキャスティング。

コミカライズを手掛けたのは箱田監督自身。「『コミカライズするよ!』って言われて『え!良いすね!面白そう!』って無邪気に喜んでた私。『描くのは監督だよ』って言うクレイジー編集者の提案に『あはははマジすかあははは』って半狂乱で描いた品がこちらになります」とコメントを寄せている。監督は東京藝術大学美術学部絵画科卒という経歴を持っている。

箱田優子監督のコメント

映画は初めて作りました。漫画も初めて描きました。
「コミカライズするよ!」って言われて「え!良いすね!面白そう!」って無邪気に喜んでた私。
「描くのは監督だよ」って言うクレイジー編集者の提案に「あはははマジすかあははは」って半狂乱で描いた品がこちらになります。
漫画というジャンルに入るのかもわかりませんが、表現の場はジャンル分けも経験も資格も関係なく自由である事に、どこか救われた気がしました。お楽しみください。

夏帆のコメント

箱田さんの繊細な絵のタッチが、じわじわ胸に広がります。
この物語、やっぱりわたし好きだな。
箱田さんのマンガデビュー作、映画とあわせてぜひよろしくお願いします。

シム・ウンギョンのコメント

映画と一緒にお読みになると楽しみが倍になります。映画のようなコミック、コミックのような映画のコラボレーション。
コミックでは、砂田と清浦の心理と二人の旅程が、より繊細に描かれています。
自分の中にいるもう一人の自分、大人になりながらいつの間に心の隅に隠しておいた清浦をもう一度引き出して自分の素直さに出会える、鏡を見つめているような感性的な時間になると思います。
今を生きている“砂田たち”にとって安らぎの時間になる、この作品を楽しんでください。

※記事掲載時から一部内容を修正しました。

『ブルーアワーにぶっ飛ばす』表紙 ©2019「ブルーアワーにぶっ飛ばす」製作委員会
『ブルーアワーにぶっ飛ばす』表紙 ©2019「ブルーアワーにぶっ飛ばす」製作委員会
『ブルーアワーにぶっ飛ばす』より ©2019「ブルーアワーにぶっ飛ばす」製作委員会
『ブルーアワーにぶっ飛ばす』より ©2019「ブルーアワーにぶっ飛ばす」製作委員会
『ブルーアワーにぶっ飛ばす』より ©2019「ブルーアワーにぶっ飛ばす」製作委員会
『ブルーアワーにぶっ飛ばす』より ©2019「ブルーアワーにぶっ飛ばす」製作委員会
箱田優子 ©2019「ブルーアワーにぶっ飛ばす」製作委員会
箱田優子 ©2019「ブルーアワーにぶっ飛ばす」製作委員会
『ブルーアワーにぶっ飛ばす』 ©2019「ブルーアワーにぶっ飛ばす」製作委員会
『ブルーアワーにぶっ飛ばす』 ©2019「ブルーアワーにぶっ飛ばす」製作委員会
『ブルーアワーにぶっ飛ばす』ポスタービジュアル ©2019「ブルーアワーにぶっ飛ばす」製作委員会
『ブルーアワーにぶっ飛ばす』ポスタービジュアル ©2019「ブルーアワーにぶっ飛ばす」製作委員会
画像を拡大する(7枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. ボカロ文化の歴史を次世代に繋ぐ試み 『プロジェクトセカイ』鼎談 1

    ボカロ文化の歴史を次世代に繋ぐ試み 『プロジェクトセカイ』鼎談

  2. Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当 2

    Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当

  3. 『森、道、市場』第2弾で石野卓球、君島大空、パ音、TENDRE、クラムボンら 3

    『森、道、市場』第2弾で石野卓球、君島大空、パ音、TENDRE、クラムボンら

  4. 歌を絶やさぬように 久保田麻琴が探る「日本のうた」の過去と未来 4

    歌を絶やさぬように 久保田麻琴が探る「日本のうた」の過去と未来

  5. 新垣結衣、H&Mの2021GWキャンペーン「LET'S CHANGE」アンバサダーに就任 5

    新垣結衣、H&Mの2021GWキャンペーン「LET'S CHANGE」アンバサダーに就任

  6. ジョニー・デップ製作・主演の映画『MINAMATA』9月公開 音楽は坂本龍一 6

    ジョニー・デップ製作・主演の映画『MINAMATA』9月公開 音楽は坂本龍一

  7. 米津玄師の新シングル『Pale Blue』6月発売 ドラマ『リコカツ』主題歌収録 7

    米津玄師の新シングル『Pale Blue』6月発売 ドラマ『リコカツ』主題歌収録

  8. ドキュメンタリー『映画:フィッシュマンズ』出演者発表&ティザー予告到着 8

    ドキュメンタリー『映画:フィッシュマンズ』出演者発表&ティザー予告到着

  9. 『アメリカン・ユートピア』にいとうせいこう、オダギリジョーら35組が賛辞 9

    『アメリカン・ユートピア』にいとうせいこう、オダギリジョーら35組が賛辞

  10. カネコアヤノの選択。嘘のない歌は、信じる人を抱きしめるために 10

    カネコアヤノの選択。嘘のない歌は、信じる人を抱きしめるために