イベント『ヒビノイロ』にNyantora、ti-ti.uuら 映像演出は水色デザイン

音楽イベント『ヒビノイロ-ゆらめく光影、とけこむ音-』が10月22日に東京・下北沢のHalf Moon Hallで開催される。

orange plus musicが企画する同イベントでは、「不在から存在を想像する」をテーマに据え、ライブを映像演出とともに展開。Koji NakamuraのソロプロジェクトであるNyantora、345(凛として時雨、geek sleep sheep)となるけしんごによるアコースティックユニット・ti-ti.uuが出演し、コラボレーションも予定している。オープニングアクトはSatomimagaeが務める。

映像演出は、数々のライブやインスタレーションに携わる水色デザインが担当。布の装飾や水を使いながら、光と影の演出を行なうという。チケットの販売はPeatixで受付中。

イベント情報

『ヒビノイロ-ゆらめく光影、とけこむ音-』

2019年10月22日(火・祝) 会場:東京都 下北沢 Half Moon Hall
出演: Nyantora ti-ti.uu Satomimagae 映像演出:水色デザイン 料金:前売3,500円 当日4,000円(ともにドリンク別)
  • HOME
  • Music
  • イベント『ヒビノイロ』にNyantora、ti-ti.uuら 映像演出は水色デザイン

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて