ニュース

チェット・ベイカー最期の数日 映画『マイ・フーリッシュ・ハート』予告編

映画『マイ・フーリッシュ・ハート』が11月8日から日本で公開。予告編とポスタービジュアルが公開された。

チェット・ベイカーの生誕90年を記念して制作された同作。1950年代のジャズシーンにおいて、トランペットの清冽な音色と中性的な歌声によって人気を博したチェット・ベイカーは、のちに薬物に溺れ、58歳時にオランダ・アムステルダムのホテルから謎の転落死を遂げた。映画では彼の最期の数日間に焦点を当てる。

メガホンを取ったのは、同作が長編デビュー作となるロルフ・ヴァン・アイク監督。主演はアイルランドのロックバンドThe Walls、The Stunningのボーカルとしても活動するスティーヴ・ウォールが務めた。

公開された予告編には、“My Foolish Heart”や“My Funny Valentine”などの楽曲を使用。チェットの転落事故の現場が映し出され「昨夜 世界は天才を失った」というナレーションが入る場面や、恋人を失い借金も返せず、ジャンキーとして墜ちていくチェットに何者かが「ミスター・トランペット 吹き続けろ」と呼びかける様子、人気のない暗い路地で一人トランペットを奏でるチェットの様子が確認できる。

ポスタービジュアルにはスティーヴ・ウォール演じるチェット・ベイカーがトランペットを持ってうつむく写真を使用し、「音楽だけの、愚かな人生だったのか」というコピーが添えられている。

『マイ・フーリッシュ・ハート』ポスタービジュアル
『マイ・フーリッシュ・ハート』ポスタービジュアル
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. Ken Yokoyama、個の力強さが問われる時代に示す音楽家の矜持 1

    Ken Yokoyama、個の力強さが問われる時代に示す音楽家の矜持

  2. 三浦春馬が日本の未来を切り開いた五代友厚役 映画『天外者』12月公開 2

    三浦春馬が日本の未来を切り開いた五代友厚役 映画『天外者』12月公開

  3. 相葉雅紀と松本潤が新聞の見開き広告で向かい合う オリジナル壁紙も 3

    相葉雅紀と松本潤が新聞の見開き広告で向かい合う オリジナル壁紙も

  4. 『保健教師アン・ウニョン』Netflixで配信。キャストや見どころ紹介 4

    『保健教師アン・ウニョン』Netflixで配信。キャストや見どころ紹介

  5. STUTSがマイクをとる 数々の音楽家から受けた刺激と経験を武器に 5

    STUTSがマイクをとる 数々の音楽家から受けた刺激と経験を武器に

  6. 機材で聴くヒップホップ。90年代の音を支えたSP-1200 6

    機材で聴くヒップホップ。90年代の音を支えたSP-1200

  7. 伊藤万理華が主演、青春SF映画『サマーフィルムにのって』2021年公開 7

    伊藤万理華が主演、青春SF映画『サマーフィルムにのって』2021年公開

  8. MONOEYES、新アルバム『Between the Black and Gray』本日リリース&PV公開 8

    MONOEYES、新アルバム『Between the Black and Gray』本日リリース&PV公開

  9. 安斉かれんというアーティスト。『M』で注目された21歳の真の顔 9

    安斉かれんというアーティスト。『M』で注目された21歳の真の顔

  10. Dos Monosからの挑戦状に、自由な発想で表現。リミックス座談会 10

    Dos Monosからの挑戦状に、自由な発想で表現。リミックス座談会