ニュース

『ユリイカ』タランティーノ特集にブラピ&レオ、蓮實重彦、小林勇貴ら

特集記事「クエンティン・タランティーノ――『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』の映画史」が、『ユリイカ2019年9月号』に掲載されている。

新作映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』が8月30日から公開されるクエンティン・タランティーノ監督。同作は1969年のロサンゼルスを舞台に、ハリウッド黄金時代の最後の瞬間を描く作品で、ハリウッドで栄光を取り戻そうとする落ち目のテレビ俳優リック・ダルトン役をレオナルド・ディカプリオ、長年ダルトンのスタントマンを務めているクリフ・ブース役をブラッド・ピット、当時人気の新人女優だったシャロン・テート役をマーゴット・ロビーが演じている。

特集記事にはタランティーノ監督のインタビュー「一九六九年のハリウッド――あるいは……失われた純真」をはじめ、ブラッド・ピットとレオナルド・ディカプリオの「最良の共演をめぐって」、蓮實重彦と入江哲朗の対談記事「『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』は勝った負けたの話ではない――タランティーノと歴史性」、小林勇貴の「予想外を愛せ」などを収録。

寄稿者には若林ゆり、須藤健太郎、猿渡由紀、田村千穂、南波克行、河原大輔、飯岡詩朗、川本徹、渥美喜子、鷲谷花、北村紗衣、小野智恵、冨塚亮平、長濱一眞、石川義正、西田博至、伊藤弘了が名を連ねる。

『ユリイカ2019年9月号 特集=クエンティン・タランティーノ-「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」の映画史-』表紙
『ユリイカ2019年9月号 特集=クエンティン・タランティーノ-「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」の映画史-』表紙
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. ルパン三世・大野雄二が語る物作りの流儀「マンネリを恐れるな」 1

    ルパン三世・大野雄二が語る物作りの流儀「マンネリを恐れるな」

  2. 実写『浦安鉄筋家族』に水野美紀、岸井ゆきの、本多力、斎藤汰鷹、坂田利夫 2

    実写『浦安鉄筋家族』に水野美紀、岸井ゆきの、本多力、斎藤汰鷹、坂田利夫

  3. 賀来賢人が新川優愛に「バスドン」&岡田准一も修学旅行満喫 SoftBank新CM 3

    賀来賢人が新川優愛に「バスドン」&岡田准一も修学旅行満喫 SoftBank新CM

  4. Eveが『Smile』で果たした変化と独白。クロスレビューで探る 4

    Eveが『Smile』で果たした変化と独白。クロスレビューで探る

  5. 『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』が問いただす我々の歪んだ自意識 5

    『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』が問いただす我々の歪んだ自意識

  6. 妻夫木聡が「クルマ目線」で新型FITの気持ちを語る新CM 曲は奥田民生 6

    妻夫木聡が「クルマ目線」で新型FITの気持ちを語る新CM 曲は奥田民生

  7. モネら印象派の作品世界に「没入」 体験型展『Immersive Museum』4月開催 7

    モネら印象派の作品世界に「没入」 体験型展『Immersive Museum』4月開催

  8. 映画『Red』に岩井俊二、山下敦弘、あがた森魚、宇垣美里らがコメント 8

    映画『Red』に岩井俊二、山下敦弘、あがた森魚、宇垣美里らがコメント

  9. ビリー・アイリッシュ『007』主題歌“No Time To Die”音源公開&新予告編 9

    ビリー・アイリッシュ『007』主題歌“No Time To Die”音源公開&新予告編

  10. 椿昇×松倉早星 反逆のアートフェアが描こうとする京都の未来図 10

    椿昇×松倉早星 反逆のアートフェアが描こうとする京都の未来図