ニュース

『STUDIO VOICE』アジア特集第3弾、中国SF『三体』作者や韓国文学にも注目

特集記事「We all have Art. 次代のアジアへ――明滅する芸術」が、9月20日刊行の雑誌『STUDIO VOICE vol.415』に掲載される。

前号の特集「Self-Fashioning from Asia - あらかじめ決められない流儀へ」、前々号の特集記事「Flood of Sounds from Asia いまアジアから生まれる音楽」に引き続き「アジア」にフォーカスした同特集。『STUDIO VOICE』による特集「アジア3部作」の第3弾で、様々な切り口から現代アジアの「いま」に迫った内容となる。

特集ではル・クレジオの未邦訳小説『ビトナ、ソウルの空の下』の抄録、中国のSF小説『三体』の作者・劉慈欣への自宅インタビュー、韓国の文学や現代詩と社会への関わりについて関係者たちにソウルで取材した記事を掲載。

加えて、『ドクメンタ』のアーティスティックディレクターに就任したインドネシアのアートコレクティブ「ruangrupa」らに注目した記事やタイ・パタニーにおけるアートシーンのルポルタージュ、フィリピンのアートクリエイティブ概況、空族とともにカンボジアとラオスの映画製作者たちを訪ねた企画、デモで揺れる香港社会における若手映画監督たち、台湾の舞台芸術や中国現代写真や独立出版、ベトナム・ホーチミンに勃興するビジュアルカルチャーなどにフォーカスする。

『STUDIO VOICE vol.415』表紙
『STUDIO VOICE vol.415』表紙
『STUDIO VOICE vol.415』より
『STUDIO VOICE vol.415』より
『STUDIO VOICE vol.415』より
『STUDIO VOICE vol.415』より
『STUDIO VOICE vol.415』より
『STUDIO VOICE vol.415』より
『STUDIO VOICE vol.415』より
『STUDIO VOICE vol.415』より
画像を拡大する(6枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. ルパン三世・大野雄二が語る物作りの流儀「マンネリを恐れるな」 1

    ルパン三世・大野雄二が語る物作りの流儀「マンネリを恐れるな」

  2. 実写『浦安鉄筋家族』に水野美紀、岸井ゆきの、本多力、斎藤汰鷹、坂田利夫 2

    実写『浦安鉄筋家族』に水野美紀、岸井ゆきの、本多力、斎藤汰鷹、坂田利夫

  3. 賀来賢人が新川優愛に「バスドン」&岡田准一も修学旅行満喫 SoftBank新CM 3

    賀来賢人が新川優愛に「バスドン」&岡田准一も修学旅行満喫 SoftBank新CM

  4. Eveが『Smile』で果たした変化と独白。クロスレビューで探る 4

    Eveが『Smile』で果たした変化と独白。クロスレビューで探る

  5. 『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』が問いただす我々の歪んだ自意識 5

    『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』が問いただす我々の歪んだ自意識

  6. 妻夫木聡が「クルマ目線」で新型FITの気持ちを語る新CM 曲は奥田民生 6

    妻夫木聡が「クルマ目線」で新型FITの気持ちを語る新CM 曲は奥田民生

  7. モネら印象派の作品世界に「没入」 体験型展『Immersive Museum』4月開催 7

    モネら印象派の作品世界に「没入」 体験型展『Immersive Museum』4月開催

  8. 映画『Red』に岩井俊二、山下敦弘、あがた森魚、宇垣美里らがコメント 8

    映画『Red』に岩井俊二、山下敦弘、あがた森魚、宇垣美里らがコメント

  9. ビリー・アイリッシュ『007』主題歌“No Time To Die”音源公開&新予告編 9

    ビリー・アイリッシュ『007』主題歌“No Time To Die”音源公開&新予告編

  10. 椿昇×松倉早星 反逆のアートフェアが描こうとする京都の未来図 10

    椿昇×松倉早星 反逆のアートフェアが描こうとする京都の未来図