ニュース

『STUDIO VOICE』アジア特集第3弾、中国SF『三体』作者や韓国文学にも注目

特集記事「We all have Art. 次代のアジアへ――明滅する芸術」が、9月20日刊行の雑誌『STUDIO VOICE vol.415』に掲載される。

前号の特集「Self-Fashioning from Asia - あらかじめ決められない流儀へ」、前々号の特集記事「Flood of Sounds from Asia いまアジアから生まれる音楽」に引き続き「アジア」にフォーカスした同特集。『STUDIO VOICE』による特集「アジア3部作」の第3弾で、様々な切り口から現代アジアの「いま」に迫った内容となる。

特集ではル・クレジオの未邦訳小説『ビトナ、ソウルの空の下』の抄録、中国のSF小説『三体』の作者・劉慈欣への自宅インタビュー、韓国の文学や現代詩と社会への関わりについて関係者たちにソウルで取材した記事を掲載。

加えて、『ドクメンタ』のアーティスティックディレクターに就任したインドネシアのアートコレクティブ「ruangrupa」らに注目した記事やタイ・パタニーにおけるアートシーンのルポルタージュ、フィリピンのアートクリエイティブ概況、空族とともにカンボジアとラオスの映画製作者たちを訪ねた企画、デモで揺れる香港社会における若手映画監督たち、台湾の舞台芸術や中国現代写真や独立出版、ベトナム・ホーチミンに勃興するビジュアルカルチャーなどにフォーカスする。

『STUDIO VOICE vol.415』表紙
『STUDIO VOICE vol.415』表紙
『STUDIO VOICE vol.415』より
『STUDIO VOICE vol.415』より
『STUDIO VOICE vol.415』より
『STUDIO VOICE vol.415』より
『STUDIO VOICE vol.415』より
『STUDIO VOICE vol.415』より
『STUDIO VOICE vol.415』より
『STUDIO VOICE vol.415』より
画像を拡大する(6枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

カネコアヤノ“光の方へ”

カネコアヤノの新作『燦々』より、すでに先行配信もされている屈指の名曲“光の方へ”のスタジオライブ映像。Tシャツ一枚に素足の飾り気ない佇まいが、音源よりも強気な歌声が、遠くを見つめたり、マイクをすっと見据えたり、手元を確認したりする一瞬一瞬が、いちいちかっこいい。カネコアヤノは、常に、今が一番最高なアーティストだと思う。(山元)

  1. 桑島智輝が妻・安達祐実を毎日撮影、写真集『我我』刊行 記念トークも 1

    桑島智輝が妻・安達祐実を毎日撮影、写真集『我我』刊行 記念トークも

  2. 女性の身体の柔らかさ 森瀬の個展『えっちすぎる ... 展』高田馬場で開催 2

    女性の身体の柔らかさ 森瀬の個展『えっちすぎる ... 展』高田馬場で開催

  3. 『ワンピース』ナミが17歳の高校生に カップヌードル「HUNGRY DAYS」新CM 3

    『ワンピース』ナミが17歳の高校生に カップヌードル「HUNGRY DAYS」新CM

  4. 乃木坂46と学生約300人が大合唱、「ファンタ坂学園」特別映像公開 4

    乃木坂46と学生約300人が大合唱、「ファンタ坂学園」特別映像公開

  5. フォーリミ・GENの本音。自らの手で時代を作るための葛藤と原点 5

    フォーリミ・GENの本音。自らの手で時代を作るための葛藤と原点

  6. 『The Covers』スカパラ特集に奥田民生&高橋一生が登場、スカパラとコラボ 6

    『The Covers』スカパラ特集に奥田民生&高橋一生が登場、スカパラとコラボ

  7. 『エイス・グレード』公開間近、春名風花の応援ロングコメントが到着 7

    『エイス・グレード』公開間近、春名風花の応援ロングコメントが到着

  8. 田中圭が花屋の店主役、今泉力哉監督『mellow』1月公開 共演に岡崎紗絵ら 8

    田中圭が花屋の店主役、今泉力哉監督『mellow』1月公開 共演に岡崎紗絵ら

  9. 『天気の子』展が銀座で開催、背景画など約400点 気象現象の再現装置も 9

    『天気の子』展が銀座で開催、背景画など約400点 気象現象の再現装置も

  10. 吉田ユニ展『Dinalog』ラフォーレミュージアム原宿で開催 新作や創作過程も 10

    吉田ユニ展『Dinalog』ラフォーレミュージアム原宿で開催 新作や創作過程も