ちゃんMARI、「FUKUSHIGE MARI」名義のソロEPが10月発売 ワンマンも

ちゃんMARI(ゲスの極み乙女。)の「FUKUSHIGE MARI」名義によるソロEP『JAPANESE ONNA』が、10月18日に配信リリースされる。

全7曲を収録する同作は、ちゃんMARIが全ての作詞作曲を手掛けたセルフプロデュース作品。ミックスは井上幹(WONK)が担当し、レコーディングには弘中聡(skillkills)、雲丹亀卓人(Sawagi)、景山奏(Nabowa)、TENDREらが参加している。ジャケットのイラストは、イラストレーターのmarieによる描き下ろし。

また同作のリリースを記念したワンマンライブ『hetero』が、11月22日に東京・渋谷のMt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASUREで開催。チケットの第1次先行予約は現在受付中だ。

FUKUSHIGE MARIのコメント

私は自分の気持ちを伝えるのが昔から下手で、でも音楽でなら伝えられるかもしれない。そう思い、数年間作り貯めておいた曲たちに歌詞をつけ、自身の声で表現することにしました。日本のどこかにいるかもしれない女性、のみならず人間たちの情景を音にしました。息をするように聴いていただければ幸いです。

リリース情報
イベント情報

『hetero』

2019年11月22日(土・祝) 会場:東京都 渋谷 Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE
  • HOME
  • Music
  • ちゃんMARI、「FUKUSHIGE MARI」名義のソロEPが10月発売 ワンマンも

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて