香取慎吾扮する「慎吾母」が「おっつー!」 ファミマ「お母さん食堂」CM

香取慎吾がイメージキャラクターを務めるファミリーマート「お母さん食堂」のCM「涙の味 おじさん篇」が全国でオンエアされている。

ファミリーマートのオリジナル惣菜・冷凍食品ブランド・お母さん食堂。「涙の味 おじさん篇」には、香取扮するお母さん食堂のおかみさん「慎吾母」が、ファーストサマーウイカ扮する失恋の悲しみに暮れる女性に「失恋なんて美味しいもの食べれば忘れるわよ」と微笑む様子や、「おじさんおかわり」「おじさんじゃない」という2人のやりとりなどが映し出されている。今回の発表とあわせてメイキング映像、慎吾母と様々な料理を生み出す「おかみさんドリームチーム」の姿を描いたビジュアルも公開。

約19年ぶりに「お母さん役」を演じた香取は「最近気が付いたんですが、あの頃“おはロック”を踊っていた世代が、社会人になって頑張っている。そして今僕は、19年前に慎吾ママを見てくれていた人たちに向けて、『みんな疲れているでしょ、お疲れさま。美味しいもの食べなさい』と言ってあげられる。そう思うと、本当に素晴らしい仕事だなと思うんです」とコメント。また慎吾母のキメ台詞については「慎吾ママの時も少し使っていましたが、やはり慎吾母が言うなら『おっつー』でしょうね(笑)『お疲れさま!ちゃんとご飯食べてね!』という気持ちを込めてね」と明かしている。

ファーストサマーウイカは「慎吾ママは当時の子どもたちのアイコンでした。ママはパワー全開で元気なイメージでしたが、慎吾母は落ち着いていて安心感がある。慎吾ママは私たち世代のお母さんの代表のような存在だったので、大人になった今、慎吾母と一緒に仕事をさせて頂くのは、父親とサシで飲みに行くような感じですね(笑)」と当時を振り返る。

  • HOME
  • Movie,Drama
  • 香取慎吾扮する「慎吾母」が「おっつー!」 ファミマ「お母さん食堂」CM

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて