望月衣塑子×森達也、報道を問う記録映画『i -新聞記者ドキュメント-』特報

森達也監督の新作ドキュメンタリー映画『i -新聞記者ドキュメント-』の特報映像が公開された。

11月15日から公開される同作は、東京新聞社会部記者で、映画『新聞記者』の原案者でもある望月衣塑子の姿を通して日本の報道の問題点、日本社会が抱える同調圧力や忖度の正体に迫るもので、菅官房長官や前川喜平、籠池夫妻らが登場。企画、製作、エクゼクティブプロデューサーを『新聞記者』の河村光庸が務めた。

特報映像には、「恐れ入ります、森達也と申します」という言葉をはじめ、望月衣塑子が「それはもう、一切答えない」と語る場面、警察に向かって「お前何考えてんだよ!」と声を荒げる人物の姿、望月に「もう何度でも言いますよ! 答えられないようなことをしない、恥ずかしいことをしないでください!」と糾弾される男性が無言のまま車に乗り込むシーンなどが確認できるほか、「『新聞記者』は序章に過ぎなかった――」「あなたに問う」というコピーが使用されている。

作品情報

『i -新聞記者ドキュメント-』

2019年11月15日(金)から新宿ピカデリーほか全国で順次公開
監督:森達也 出演:望月衣塑子 配給:スターサンズ
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 望月衣塑子×森達也、報道を問う記録映画『i -新聞記者ドキュメント-』特報

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて