石原さとみが雑司が谷を散策、東京メトロ新CM 楽曲はスガシカオ×小林武史

東京メトロの企業広告「Find my Tokyo.」シリーズの新CM「雑司が谷_ひと工夫が散りばめられた街」篇が、本日9月30日に特設サイトで先行公開された。

石原さとみがイメージキャラクターを務める「Find my Tokyo.」シリーズ。10月1日からメトロ駅構内、車内ディスプレイで順次公開される「雑司が谷_ひと工夫が散りばめられた街」篇では、石原が豊島区出身の三遊亭好楽の娘が営む「甘味処 ひなの郷」を訪れたり、好楽と共に「鬼子母神通り」を歩いたり、「はや川提灯店」で提灯に好楽の似顔絵を描いたりする様子が映し出されている。CMソングは小林武史と、CMにも登場するスガシカオによる“ぼくの街に遊びにきてよ”。

東京メトロは10月から12月にかけて雑司が谷駅、千川駅、池袋駅を紹介する広告を展開。特設サイトでは、熊谷守一美術館や老眼めがね博物館を紹介する「チャレンジ動画」が公開されている。10月19日には石原が訪れたスポットや、東京メトロ沿線の特色あるエリアを散策するイベント『東京まちさんぽ』を開催予定。

小林武史のコメント

バロック後期やロマン派のような、クラシカルな歌曲のようなピアノを基本にした曲を作ってスガ君に渡したわけですが、途中で少し心配になるくらい、ほぼなんのやり取りもなく、それぞれで楽曲と向き合っていたと思います。
僕は作曲の後、アレンジを行なっていたわけですが、その世界は手書きですが一定のルールで書き込まれていった地図のような、ゆったりとした広がりを感じさせる音の世界になっていったと思います。
しばらくして、スガ君から歌詞と共に歌入りのデータが送られてきました。
それは、なんというか、メロディやアレンジや東京メトロのCM自体にも響いていくような、とてもしっくりとくるものでした。
シンプルだけど、こつこつと積み上げていった世界、そんな彼の想像の街に招かれたという感じです。
初めて足を踏み入れる街、曲になったなぁという喜びがあります。

  • HOME
  • Movie,Drama
  • 石原さとみが雑司が谷を散策、東京メトロ新CM 楽曲はスガシカオ×小林武史

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて