ニュース

松岡昌宏主演ドラマ『死役所』に余貴美子、織山尚大、酒井若菜、野間口徹ら

『死役所』 ©「死役所」製作委員会
『死役所』 ©「死役所」製作委員会

10月16日からテレビ東京系で放送される連続ドラマ『死役所』の新たな職員役およびゲスト出演者が発表された。

あずみきしによる同名漫画をもとにした同作は、様々な理由で亡くなった者たちの行き先を決める手続きをする「シ役所」を舞台にした作品。シ役所の総合案内で働く職員・シ村のもとを訪れる死者の生前の姿が炙り出されていく様や、シ役所で働く職員たちの隠された秘密、シ村の秘められた過去などが描かれる。主人公のシ村役をテレビ東京のドラマでは初主演となる松岡昌宏が演じる。

新たな職員役として発表されたのは、シ役所職員の過去を知る死産課のシン宮役を演じる余貴美子。シン宮は原作者のあずみきしが余をイメージして作ったキャラクターだという。

ゲスト出演者は、織山尚大(少年忍者、ジャニーズJr.)、酒井若菜、野間口徹、三浦貴大、豊嶋花。

第1話に出演する織山尚大(少年忍者、ジャニーズJr.)は義理の父との関係に悩み、学校でのいじめの末に自殺をしたことでシ役所に現れる鹿野太一役、第2話に出演する酒井若菜は不妊治療に励む荻野泉水役、野間口徹はその夫・貴宏役、第3話に出演する三浦貴大は父親から引き継いだ定食屋を夫婦で守っていたが、ある男に殺された坂浦眞澄役、第4話に出演する豊嶋花はデート中に不慮の事故で亡くなる伊達夏加役をそれぞれ演じる。今後もゲスト出演者の発表を予定。

余貴美子のコメント

死役所に来られるお客様は全員仏様!
その中で私は、死産課の化粧バッチリで男性職員に絡むのが好きなシン宮!早速原作を全巻購読しましたが、早く続きが読みたいと思うぐらい引き込まれています。撮影現場では、血だらけの若者、天寿を全うされたおじいさんおばあさんなど、様々な理由で亡くなられた方々が死役所を訪れるため多勢の出演者が居ます。そんな死者に囲まれ非日常の空間の中で、ついつい自分の死に方を考えてしまう半面、シン宮を演じる中で成仏できる生き方をしたいと感慨深いものもあります。登場人物のエピソードや亡くなってもなお自分の人生に悩む職員達の姿、実に深く心に沁みるドラマですので是非ご覧ください。

織山尚大(少年忍者、ジャニーズJr.)のコメント

不思議な世界に入り込んでしまった感じで、「人との温かい交わりが亡くなった後にあぶり出される」という今までになかった作品のような気がします。いろんなことに初めて挑戦し、名だたる役者の皆さんに囲まれて、本当に勉強になる時間でした。まだまだ皆さんに追いつけないなと、自分が小さく思えて悔しさも感じました。そんな中、松岡くんから空き時間に昔の光GENJIさんや忍者さんの話を聞かせてもらったり…松岡くんは僕のことをすごく気にかけてくれつつ、現場全体への気配りを忘れない。「こういう先輩になりたいな!」と新たな目標になりました。役の太一君になりきって頑張りましたので、ぜひご覧ください。

酒井若菜のコメント

ツラい不妊治療を乗り越えた先に訪れる我が子の死。そんな、あまりにもヘヴィな経験をした母親を演じました。この母親が感じた痛みを、40分1話の中に凝縮させることへの難しさを痛感しました。クランクアップ時、旦那役の野間口徹さんと目を合わせ、同時に漏れた言葉は「ツラかった」。ただひたすらにツラかったです。大切な人を亡くした経験のあるかたがこのドラマをご覧になったとき、「死役所」という場所を想像し、ほんの少しでもその想像力が心を軽くするきっかけになればいいな、と願うばかりです。

野間口徹のコメント

台本をいただき「きっと悪い方の役だろうな」と思って読み始めたのですが、まさかの真逆の役で。ストーリーも『死役所』の中では珍しい部類のもので。
自分の身近な出来事を重ねながら演じました。きっと、心に響く作品になっていると思います。

三浦貴大のコメント

原作が好きで、ずっと前から読んでいました。その中にある話をできるというのが嬉しくて、とにかく楽しみです。僕が演じた坂浦のような「感情をむき出しにする役」ということで、たまにこういう役があると楽しいですね。内面的に抱えている役ばかりだと精神的に疲れますから(笑)松岡さんと共演は初めてですが、現場では気さくに話しかけてくださり、空気づくりの上手い、すごく頼りがいのある方だなと思いました。タイトル的にただ怖い話なのかなと思いがちですが、人間の死を通して生きる意味や希望を描いている作品なので、ぜひフラットに見ていただき、その先の希望を見出していただければと思います。

豊嶋花のコメント

『死役所』は夢中で一気に読んだ大好きな漫画です。オーディションに受かった時と『家政夫のミタゾノ』で共演させて頂いた松岡さんが覚えていてくださったことがダブルで嬉しかったです!夏加はデート中の事故で亡くなってしまい、ドラマの中でも特に痛々しい姿になる子です。1日1日を大切に後悔のない人生を送りたいと考えさせられるドラマだと思います。ぜひ皆さんに観ていただきたいです!

『死役所』 ©「死役所」製作委員会
『死役所』 ©「死役所」製作委員会
『死役所』 ©「死役所」製作委員会
『死役所』 ©「死役所」製作委員会
『死役所』 ©「死役所」製作委員会
『死役所』 ©「死役所」製作委員会
『死役所』 ©「死役所」製作委員会
『死役所』 ©「死役所」製作委員会
『死役所』 ©「死役所」製作委員会
『死役所』 ©「死役所」製作委員会
画像を拡大する(6枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別 1

    映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別

  2. 横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇 2

    横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇

  3. ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの 3

    ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの

  4. 木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら 4

    木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら

  5. King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開 5

    King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開

  6. 高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送 6

    高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送

  7. カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用 7

    カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用

  8. 大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース 8

    大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース

  9. YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用 9

    YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用

  10. スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催 10

    スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催