『007』最新作の邦題は『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』、新ビジュアルも

映画『007』シリーズの最新作『NO TIME TO DIE』の邦題が『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』に決定。発表とあわせて新たなビジュアルが公開された。

『007』シリーズ25作目となる同作のあらすじは、現役を退きジャマイカで穏やかな日々を過ごしていたボンドが、旧友でCIAエージェントのフェリックス・ライターから誘拐された科学者の救出を依頼され、危険な最新技術を操る正体不明の敵に導かれていくというもの。ジェームズ・ボンド役のダニエル・クレイグをはじめ、レイフ・ファインズ、ナオミ・ハリス、ラッシャーナ・リンチ、ラミ・マレックらが出演する。2020年4月に日本公開予定。

邦題は10月5日の「ジェームズ・ボンドの日」に発表。1962年にイギリス・ロンドンで『007/ドクター・ノオ』が公開された日を記念して制定された。

公開されたビジュアルには、タキシードに身を包んだジェームズ・ボンドの姿が写し出されている。

※新型コロナウイルス感染拡大を受けて公開延期になりました。

作品情報

『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』

2020年4月公開
監督:キャリー・フクナガ 脚本:ニール・パーヴィス&ロバート・ウェイド、スコット・バーンズ、キャリー・フクナガ、フィービー・ウォーラー=ブリッジ 音楽:ダン・ローマー 出演: ダニエル・クレイグ レイフ・ファインズ ナオミ・ハリス ロリー・キニア レア・セドゥ ベン・ウィショー ジェフリー・ライト アナ・デ・アルマス ダリ・ベンサーラ デヴィッド・デンシック ラッシャーナ・リンチ ビリー・マグヌッセン ラミ・マレック 配給:東宝東和
  • HOME
  • Movie/Drama
  • 『007』最新作の邦題は『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』、新ビジュアルも

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて