仏実写版『シティーハンター』山寺宏一×沢城みゆきの吹替初披露、本予告編

実写映画『シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション』の吹替版本予告編が公開された。

今年の2月に『NICKY LARSON et le parfum de Cupidon』の原題でフランス公開された同作は、始末屋・冴羽獠の活躍を描いた北条司の漫画『シティーハンター』の実写映画版。『世界の果てまでヒャッハー!』のフィリップ・ラショーが監督、主演を務め、エロディ・フォンタンが槇村香役を演じた。日本語吹替版では、冴羽獠の声を山寺宏一、槇村香の声を沢城みゆき、海坊主ことファルコンの声を玄田哲章、香の兄・槇村秀幸の声を田中秀幸、冴子の声を一龍斎春水が担当したほか、アニメ版で獠役を演じた神谷明と香役を演じた伊倉一恵がゲストとして登場する。

TM NETWORKが歌う主題歌“Get Wild”を使用した吹替版本予告編には、「あの男が帰ってくる」というテロップや、獠と香への依頼の合図「XYZ」が書き込まれた掲示板、銃の照準の先に女性の姿を見ていた獠に香が100トンハンマーを振り回すシーン、秀幸が獠の胸で沈む場面に加えて、海坊主の姿やクラシックミニクーパーなどが映し出されている。

公開は11月29日。日本では「デラックス吹替版」での公開となる。

作品情報

『シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション』

2019年11月29日(金)からTOHOシネマズ日比谷ほか全国公開
監督:フィリップ・ラショー 出演: フィリップ・ラショー エロディ・フォンタン 配給:アルバトロス・フィルム
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 仏実写版『シティーハンター』山寺宏一×沢城みゆきの吹替初披露、本予告編

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて