市原隼人主演のドラマ『おいしい給食』が映画化、2020年初春に全国公開

ドラマ『おいしい給食』の劇場版が2020年初春に全国公開される。

10月13日から群馬テレビ、テレビ神奈川、TOKYO MX、BS12ほかで放送されるドラマ『おいしい給食』は、1980年代の中学校を舞台に、給食マニアの教師・甘利田幸男と、給食マニアの生徒・神野ゴウが、「どちらが給食をおいしく食べるか」について戦いを繰り広げる様を描いた学園コメディー。甘利田役を市原隼人、神野役を佐藤大志、甘利田が働く中学の新米教師・御園役を武田玲奈が演じる。

今回の発表とあわせて公開された特報で、市原隼人は「お客さん、びっくりしちゃうんじゃないかと思うぐらいワクワクしすぎて。映画でこんな感覚初めてでした」とコメント。

作品情報

『劇場版「おいしい給食」』

2020年初春に全国公開 配給:AMGエンタテインメント
番組情報

『おいしい給食』

2019年10月からテレビ神奈川、TOKYO MX、BS12ほかで順次放送
監督:綾部真弥、田口桂 脚本:永森裕二、綾部真弥、田口桂 主題歌:松本大輝“君の花”  出演: 市原隼人 武田玲奈 佐藤大志 豊嶋花 辻本達規(BOYS AND MEN) いとうまい子 酒向芳
  • HOME
  • Movie/Drama
  • 市原隼人主演のドラマ『おいしい給食』が映画化、2020年初春に全国公開

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて