『カツベン!』公開記念、生演奏&活弁付き『午前10時30分の無声映画祭』

上映イベント『午前10時30分の無声映画祭』が、11月19日から東京・渋谷TOEIで開催される。

11月19日から4週にわたって毎週火曜に行なわれる同イベントは、周防正行監督の映画『カツベン!』が12月13日から公開されることを記念するもの。活動弁士の澤登翠、山崎バニラ、坂本頼光、片岡一郎がそれぞれ生演奏付きで活弁を披露する。

澤登翠が登壇する11月19日には二川文太郎監督の『雄呂血』、山崎バニラが登壇する11月26日にはフレッド・ニューメイヤーとサム・テイラーが監督を務めた『ロイドの要心無用』、山崎バニラによるオリジナルアニメーション無声映画『活弁ことはじめ』、坂本頼光が登壇する12月3日には伊藤大輔監督の『血煙高田の馬場』、稲垣浩監督の『番場の忠太郎 瞼の母』、片岡一郎が登壇する12月10日には小津安二郎監督の『浮草物語』を上映。チケットの「渋谷TOEIオンライン予約」は10月19日20:00から受付。10月21日からは劇場窓口での販売を開始する。上映スケジュールなどの詳細は渋谷TOEIのオフィシャルサイトで確認しよう。

イベント情報

『午前10時30分の無声映画祭』

2019年11月19日(火)~12月10日(火) 会場:東京都 渋谷TOEI
上映作品: 『雄呂血』(監督:二川文太郎) 『ロイドの要心無用』(監督:フレッド・ニューメイヤー、サム・テイラー) 『活弁ことはじめ』 『血煙高田の馬場』(監督:伊藤大輔) 『番場の忠太郎 瞼の母』(監督:稲垣浩) 『浮草物語』(監督:小津安二郎) 料金:2,000円
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 『カツベン!』公開記念、生演奏&活弁付き『午前10時30分の無声映画祭』

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて