雨のパレード、新体制初AL『BORDERLESS』1月発売 アー写&ティザー映像

雨のパレードのニューアルバム『BORDERLESS』が2020年1月22日にリリースされる。

今年から福永浩平(Vo)、山崎康介(Gt,Syn)、大澤実音穂(Dr)の3人体制となった雨のパレード。新体制初、4枚目のオリジナルアルバムとなる『BORDERLESS』には、共同プロデューサーに蔦谷好位置(agehasprings)を迎えて制作された先行配信曲“Ahead Ahead”“Summer Time Magic”“Story”“Trust”に加えて、海外のエレクトロ、ダンスミュージックの要素を取り入れた楽曲や、DTMを中心としたセルフプロデュース曲などが収録される予定だ。

通常盤に加えて、ボーナスCDとグッズが同梱する完全生産限定盤を用意。詳細は後日発表される。今回の発表とあわせて新たなアーティスト写真とアルバムのティザー映像が公開された。

福永浩平(Vo)のコメント

雨のパレードが新体制になってから、初のアルバムをリリースします。
アンダーグラウンドもオーバーグラウンドも、洋楽も邦楽も分け隔てずに、男女混合のバンド編成で、タイムレスなサウンドを追い求めている。
そんな僕らを象徴する言葉が『BORDERLESS』。
今まで無意識に狭めていた視野を、今回のアルバムでは楽しみながら色々な方向に幅を広げ新たなアプローチを詰め込みました。
格段にクオリティが上がっている自信があります。
お楽しみに。
福永浩平 / 雨のパレード

リリース情報

雨のパレード
『BORDERLESS』完全生産限定盤(2CD)

2020年1月22日(水)発売 価格:4,800円(税抜) VIZL-1696
リリース情報

雨のパレード
『BORDERLESS』通常盤(CD)

2020年1月22日(水)発売 価格:3,000円(税抜) VICL-65265
  • HOME
  • Music
  • 雨のパレード、新体制初AL『BORDERLESS』1月発売 アー写&ティザー映像

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて