ロンドンで恋に落ちる二人、『ラスト・クリスマス』予告編 ワム!楽曲使用

映画『ラスト・クリスマス』の予告編が公開された。

12月6日から公開される同作は、1984年に発表されたWham!の“Last Christmas”からインスパイアされた作品。イギリス・ロンドンのクリスマスショップで働くケイトと、彼女の抱える問題を見抜き答えに導く不思議な青年トムの物語だ。2人の距離は一向に縮まらないが、トムを捜し求めつつ自身の心の声に耳を傾けたケイトがやがて彼の真実を知ることになるというあらすじだ。ケイト役にエミリア・クラーク、トム役にヘンリー・ゴールディングがキャスティングされている。原題は『Last Christmas』。

公開された予告編にはWham!の“Last Christmas”を使用。イルミネーションが輝くロンドンの街で肩を並べて歩くケイトとトムの様子や、「いつも脅えてる」とこぼすケイトをトムが「大丈夫だよ」となぐさめる場面、スケートリンクで顔を寄せ合う二人の姿が確認できるほか、ケイト役のエミリア・クラークが歌う“Last Christmas”も聴くことができる。

作品情報

『ラスト・クリスマス』

2019年12月6日(金)から日比谷のTOHOシネマズシャンテほか全国で公開
監督:ポール・フェイグ 原案:エマ・トンプソン、グレッグ・ワイズ 脚本:エマ・トンプソン、ブライオニー・キミングス 出演: エミリア・クラーク ヘンリー・ゴールディング ミシェル・ヨー エマ・トンプソン 上映時間:103分 配給:パルコ、ユニバーサル映画
  • HOME
  • Movie,Drama
  • ロンドンで恋に落ちる二人、『ラスト・クリスマス』予告編 ワム!楽曲使用

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて