ニュース

『ポーランド映画祭』が東京都写真美術館で開催、坂東玉三郎出演作など24本

『ポーランド映画祭2019』が11月10日から東京・恵比寿の東京都写真美術館で開催される。

今年で8回目の開催となる同映画祭。プログラムは、「ポーリッシュ・シネマ・ナウ!」「日本――ポーランド国交樹立100周年」「ポーランド民主化30周年」「追悼上映」「アンジェイ・ワイダの世界」「シャザ――摩訶不思議な音楽体験」「コメダの奏でるポーリッシュ・ジャズ」「アンコール上映」などで構成され、「日本――ポーランド国交樹立100周年」「ポーランド民主化30周年」の監修はイエジー・スコリモフスキ監督が担当している。

「ポーリッシュ・シネマ・ナウ!」では『ユリウシュ』『執事の人生』『ソリッド・ゴールド』といったポーランドの「今」を感じられるという作品が並び、「日本――ポーランド国交樹立100周年」では坂東玉三郎が出演した『ナスターシャ』や、ポーランド・ウッチ映画大学で映画を学んだ石川慶の『愚行録』などを上映。「ポーランド民主化30周年」では『月曜日が嫌い』『COLD WAR あの歌、2つの心』を紹介するほか、「追悼上映」では昨年から今年にかけて相次いで逝去したカジミェシュ・クッツ監督、リシャルト・ブガイスキ監督を特集する。

「アンジェイ・ワイダの世界」ではアンジェイ・ワイダ監督による『死の教室』『灰とダイヤモンド』を上映し、「シャザ――摩訶不思議な音楽体験」では即興音楽ユニットのシャザがロマン・ポランスキー監督の『ポランスキー短編集』、ヴワディスワフ・スタレーヴィッチ監督の『スタレーヴィチ アニメーション短編集』に合わせて生演奏を披露。「コメダの奏でるポーリッシュ・ジャズ」ではクシュトフ・コメダの魅力を紹介するべく、『コメダ・コメダ』『バリエラ』を上映し、「アンコール上映」ではポーランド映画で初の『米国アカデミー賞外国映画賞』受賞作となったパヴェウ・パヴリコフスキ監督による『イーダ』を上映。

上映後はゲストによるトークイベントなどを予定。上映スケジュールやイベントの詳細は『ポーランド映画祭2019』のオフィシャルサイトで確認しよう。なお同イベントは本日11月9日から京都・出町座、同志社大学でも開催される。

イエジー・スコリモフスキによるコメント

今年で8回目を迎えるポーランド映画祭。毎年多くのお客様がいらしてくださるおかげで、これほど長きにわたって開催できましたことをまずは感謝いたします。今年はポーランドと日本の国交樹立100周年、さらにはポーランド民主化30周年にあたります。そんな記念すべき年にふさわしく、例年以上に充実した内容でお届けします。世界的な巨匠監督、アンジェイ・ワイダの特集、私の敬愛するジャズ・ピアニスト、クシシュトフ・コメダやポーランドの現代音楽を代表するユニット、シャザにまつわる企画、さらには日本とポーランドの深いつながりを改めて認識できる諸作品まで、まさにバラエティに富んだラインナップ。これらの作品を通し、ポーランドの過去と現在、そして未来をぜひ体感してください。お待ちしております。

『ポーランド映画祭2019』メインビジュアル
『ポーランド映画祭2019』メインビジュアル
画像を拡大する(1枚)

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像 1

    THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 3

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  4. ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも 4

    ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも

  5. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 5

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  6. 地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る 6

    地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る

  7. 林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着 7

    林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着

  8. 『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか 8

    『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか

  9. ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開 9

    ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開

  10. 『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察 10

    『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察