ニュース

J・ガン製作『ブライトバーン』ビリー・アイリッシュによる主題歌入り予告

『ブライトバーン/恐怖の拡散者』ビジュアル ©The H Collective
『ブライトバーン/恐怖の拡散者』ビジュアル ©The H Collective

ジェームズ・ガン製作の映画『ブライトバーン/恐怖の拡散者』の主題歌付き予告編が公開された。

今回公開された予告編では、ビリー・アイリッシュの“bad guy”と共に、「ママ、僕は誰なの?」という台詞や宙に浮いたブランドンの姿、空中から車が落下する様子、扉の外に見えたブランドンが警察官の後に現れるシーンなどが確認できる。

監督のデヴィッド・ヤロヴェスキーはビリー・アイリッシュについて、「ビリー・アイリッシュは素晴らしいアーティストで、ポップカルチャーで社会現象となっている。彼女の『bad guy』は映画の核となるコンセプトと呼応して、観る者のダークサイドを包み込んでくれる(I m the bad guy, duh!)」とコメント。ビリー・アイリッシュが映画の主題歌を務めるのは今回が初とのこと。

アメリカ・カンザス州のブライトバーンを舞台にした同作は、聡明で好奇心旺盛な子供の中に闇が生まれ、恐怖を拡散する存在へと変化する様を描いたホラー映画。母になる日を夢見て苦しんできたトリと夫カイルのもとに、ある日突然謎めいた子供のブランドンが現れ、2人にとってかけがえのない存在になっていくが、12歳になったブランドンに異常な力が宿り、やがて街を恐怖に陥れていくというあらすじだ。トリ役にエリザベス・バンクス、トリの夫カイル役にデヴィッド・デンマンがキャスティング。原題は『Brightburn』。

ビリー・アイリッシュ
ビリー・アイリッシュ
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. Ken Yokoyama、個の力強さが問われる時代に示す音楽家の矜持 1

    Ken Yokoyama、個の力強さが問われる時代に示す音楽家の矜持

  2. 三浦春馬が日本の未来を切り開いた五代友厚役 映画『天外者』12月公開 2

    三浦春馬が日本の未来を切り開いた五代友厚役 映画『天外者』12月公開

  3. 相葉雅紀と松本潤が新聞の見開き広告で向かい合う オリジナル壁紙も 3

    相葉雅紀と松本潤が新聞の見開き広告で向かい合う オリジナル壁紙も

  4. 『保健教師アン・ウニョン』Netflixで配信。キャストや見どころ紹介 4

    『保健教師アン・ウニョン』Netflixで配信。キャストや見どころ紹介

  5. STUTSがマイクをとる 数々の音楽家から受けた刺激と経験を武器に 5

    STUTSがマイクをとる 数々の音楽家から受けた刺激と経験を武器に

  6. 機材で聴くヒップホップ。90年代の音を支えたSP-1200 6

    機材で聴くヒップホップ。90年代の音を支えたSP-1200

  7. 伊藤万理華が主演、青春SF映画『サマーフィルムにのって』2021年公開 7

    伊藤万理華が主演、青春SF映画『サマーフィルムにのって』2021年公開

  8. MONOEYES、新アルバム『Between the Black and Gray』本日リリース&PV公開 8

    MONOEYES、新アルバム『Between the Black and Gray』本日リリース&PV公開

  9. 安斉かれんというアーティスト。『M』で注目された21歳の真の顔 9

    安斉かれんというアーティスト。『M』で注目された21歳の真の顔

  10. Dos Monosからの挑戦状に、自由な発想で表現。リミックス座談会 10

    Dos Monosからの挑戦状に、自由な発想で表現。リミックス座談会