ニュース

広島・呉が舞台、迫田公介監督の初長編映画『君がいる、いた、そんな時。』

『君がいる、いた、そんな時。』 ©とび級プログラム
『君がいる、いた、そんな時。』 ©とび級プログラム

映画『君がいる、いた、そんな時。』が2020年初夏から東京・新宿のK's cinemaほか全国で順次公開される。

『広島国際映画祭2019』でワールドプレミア上映される同作。広島・呉を舞台に、日本人とフィリピン人を両親に持ち、いじめの標的にされてしまう小学6年生の岸本正哉、空回りしながらも自分の居場所を求める正哉の同級生・香山涼太、2人に明るく接する図書室の新任司書・山崎祥子の3人が織り成す物語を描く。

岸本正哉役にマサマヨール忠、香山涼太役に坂本いろは、山崎祥子役に小島藤子がキャスティング。子供たちを理解する校長役を阪田マサノブ、正哉の父親役を中国放送アナウンサーの横山雄二が演じる。横山は同作の脚本に心を動かされ、自ら出演を申し込んだという。音楽をウサギバニーボーイ、kneeeeee、オカダノリコが担当。

監督、脚本、企画を務めたのは、『君がいる、いた、そんな時。』が初の長編映画となる迫田公介。呉出身で鬱病の経験がある迫田監督は、登場人物に自分自身を投影しながら脚本を書き上げたとのこと。同作の企画は2007年に始動。監督の「観た人の人生を変えてしまうほどの映画を作りたい、そのために広島・呉の力を貸して欲しい」という思いに賛同した地元の住人にたちに支えられ、2017年に本格的に準備がスタートし、2018年に撮影された。

監督は映画について「ふたりの男の子は、世界中にうそをつきました。秘密を抱えたショウコを救う為に。生きるのが下手で不器用、情に棹させば流され、実はどんなひとにもそんな面があって、もしかすると苦しくなったりしんどくなったりしているのかもしれない。僕は伝えたい。そして分かり合いたい。この映画を観てくれる人々と」と述べている。

発表とあわせてポスタービジュアルと場面写真が公開。ポスタービジュアルには登場人物たちの姿などが写し出されているほか、「大好き、イライラ、めんどくさい、悔しい、嫌い…でもやっぱり大好き。」というコピーが使用されている。

迫田公介監督のコメント

生きるのが下手で不器用な監督だと、ある映画監督に言われたことがある。
信じる力が人一倍あって、それなのに信じない心も人一倍ある。
同時に存在していて、だからとても危うくて、そしてそれが君の作家性だと。

脚本を書きました。
ハーフの男の子、みんなに馬鹿にされてる男の子、そしてそんなふたりの男の子たちに慕われる図書室司書のショウコ。生きるのが下手で不器用な3人。
そんな3人を僕が描きました。生きるのが下手で不器用な僕が。ふたりの男の子は、うそをついていました。そして秘密を抱えたショウコ。
ふたりの男の子は、世界中にうそをつきました。秘密を抱えたショウコを救う為に。
生きるのが下手で不器用、情に棹させば流され、実はどんなひとにもそんな面があって、もしかすると苦しくなったりしんどくなったりしているのかもしれない。
僕は伝えたい。そして分かり合いたい。この映画を観てくれる人々と。

『君がいる、いた、そんな時。』 ©とび級プログラム
『君がいる、いた、そんな時。』 ©とび級プログラム
『君がいる、いた、そんな時。』 ©とび級プログラム
『君がいる、いた、そんな時。』 ©とび級プログラム
『君がいる、いた、そんな時。』 ©とび級プログラム
『君がいる、いた、そんな時。』 ©とび級プログラム
『君がいる、いた、そんな時。』ポスタービジュアル ©とび級プログラム
『君がいる、いた、そんな時。』ポスタービジュアル ©とび級プログラム
画像を拡大する(5枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 秋山黄色×佐藤寛太対談 互いに認め合う「異常さ」、交わる遊び心 1

    秋山黄色×佐藤寛太対談 互いに認め合う「異常さ」、交わる遊び心

  2. 古田新太が振返る劇団☆新感線40年 演劇界に吹かせたエンタメの風 2

    古田新太が振返る劇団☆新感線40年 演劇界に吹かせたエンタメの風

  3. 青葉市子の新AL『アダンの風』詳細発表&原美術館でのライブ配信も 3

    青葉市子の新AL『アダンの風』詳細発表&原美術館でのライブ配信も

  4. 米津玄師と是枝裕和監督が初タッグ“カナリヤ”PV公開 蒔田彩珠らが出演 4

    米津玄師と是枝裕和監督が初タッグ“カナリヤ”PV公開 蒔田彩珠らが出演

  5. 角舘健悟の『未知との遭遇』たなかみさき編(後編) 5

    角舘健悟の『未知との遭遇』たなかみさき編(後編)

  6. 坂本龍一の過去ライブ映像が本日から3週にわたってYouTubeでプレミア公開 6

    坂本龍一の過去ライブ映像が本日から3週にわたってYouTubeでプレミア公開

  7. 三浦春馬主演、映画『天外者』五代友厚の「志」と「天外者」な部分を紹介 7

    三浦春馬主演、映画『天外者』五代友厚の「志」と「天外者」な部分を紹介

  8. 小沢健二が「手紙」を読み上げる生配信番組『キツネを追ってゆくんだよ』 8

    小沢健二が「手紙」を読み上げる生配信番組『キツネを追ってゆくんだよ』

  9. 『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く 9

    『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く

  10. 『あつ森』とジェラート ピケのコラボブック刊行 表紙は松岡茉優 10

    『あつ森』とジェラート ピケのコラボブック刊行 表紙は松岡茉優