ニュース

国内外の舞台芸術が集う『TPAM 2020』2月に開催 ダンスと身体表現に焦点

リー・レンシン『セクション 19 ‒ 地域でのダンス儀式』Photo by Lee Ren Xin
リー・レンシン『セクション 19 ‒ 地域でのダンス儀式』Photo by Lee Ren Xin

舞台芸術のイベント『TPAM – 国際舞台芸術ミーティング in 横浜 2020』が、2020年2月8日から神奈川と東京の複数会場で開催される。

1995年に『芸術見本市』として東京で開始され、24回目を迎える『TPAM – 国際舞台芸術ミーティング in 横浜』。今回はダンスと身体表現にフォーカスし、世界の舞台芸術の動向を伝える公演プログラム『TPAMディレクション』、国内外の舞台芸術関係者が集まる交流プログラム『TPAMエクスチェンジ』、日本のアーティストが参加する公募プログラム『TPAMフリンジ』で構成する。

『TPAMディレクション』にはリー・レンシンが「儀式」としてのダンスを試みる『セクション19 – 地域でのダンス儀式』をはじめ、捨てられた弁当の具が放浪する様を描く劇団態変の『箱庭弁当』、タナポン・ウィルンハグンと日本人ダンサーによる『退避』、中間アヤカによる約4時間のソロパフォーマンス『フリーウェイ・ダンス』、ピチェ・クランチェンがタイ古典舞踊「60番」の理念を追求する『No. 60』、fieldworks/ハイネ・アヴダル&篠崎由紀子+サラ・ヤンセンによる『unwritten conversation』、世界初演となる毛魚&アキラ・ザ・ハスラー/捩子ぴじんによる作品など11のプログラムがラインナップ。ディレクターはジューン・タン、小倉由佳子、ヘリー・ミナルティ、横堀ふみ、コ・ジュヨンが務める。

『TPAMエクスチェンジ』では『TPAM』アドバイザーの平田オリザの新たな取り組みを紹介するほか、横浜のアートと地域の関わりについて考える『アートサイトラウンジ』、参加者が自らテーマを提案する『グループ・ミーティング』、国内外のイベントディレクターや劇場プログラム担当者が参加する予約制ミーティング『スピード・ネットワーキング』といった交流プログラムを実施する。

また『TPAMフリンジ』には、ロロ、青年団、SCOOLセレクション2020(福井裕孝、荒木優光)、STスポットセレクション vol.3(ヌトミック、岡田智代×大谷能生)、伊藤キム、劇団かかし座、共生共創事業(OiBokkeShi、インテグレイテッド・ダンス・カンパニー響-Kyo)、劇団鳥獣戯画、庭劇団ペニノ、さんぴんらが参加予定。

イベントは一部のプログラムを除いて一般来場者の鑑賞、参加が可能。『TPAMディレクション』の一部公演のチケットは1月11日から販売される。詳細は『国際舞台芸術ミーティング in 横浜 2020』のオフィシャルサイトで確認しよう。

fieldworks/ハイネ・アヴダル &篠崎由紀子『nothing’s for something』Drawing by Christelle Fillod
fieldworks/ハイネ・アヴダル &篠崎由紀子『nothing’s for something』Drawing by Christelle Fillod
劇団態変『箱庭弁当』Photo by bozzo
劇団態変『箱庭弁当』Photo by bozzo
パドミニ・チェター『哲学的実演 1&2』Photo by Greg Wong
パドミニ・チェター『哲学的実演 1&2』Photo by Greg Wong
画像を拡大する(11枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

LUMINE ART FAIR - My First collection / Art of New York City

10月12日、13日にルミネ新宿で開催する『LUMINE ART FAIR -My First Collection』のために制作された動画。現地アーティスト2名の言葉と、リアルな空気感とともにNYのアートシーンを紹介している。「NY、かっこいい!」という気持ちがムクムク膨れ上がってくるはずだし、アートに触れるきっかけはそれくらいがちょうどいいと思う。(石澤)

  1. 東京パラリンピック開会式の演出はKERA、閉会式は小林賢太郎 出演者募る 1

    東京パラリンピック開会式の演出はKERA、閉会式は小林賢太郎 出演者募る

  2. 『ONE PIECE』×カップヌードルCMの第3弾 ビビが仲間への想いを語る 2

    『ONE PIECE』×カップヌードルCMの第3弾 ビビが仲間への想いを語る

  3. 平野紫耀、永瀬廉、高橋海人が『婦人公論』で座談会 タキシード姿も披露 3

    平野紫耀、永瀬廉、高橋海人が『婦人公論』で座談会 タキシード姿も披露

  4. 有安杏果、結婚を発表。その経緯、お相手など、赤裸々に語る 4

    有安杏果、結婚を発表。その経緯、お相手など、赤裸々に語る

  5. 神木隆之介が母子で「au PAYで!」特訓&松本穂香の姿も 「高杉くん」新CM 5

    神木隆之介が母子で「au PAYで!」特訓&松本穂香の姿も 「高杉くん」新CM

  6. 『アナと雪の女王2』の歌に注目。エルサのメイン曲など新曲多数 6

    『アナと雪の女王2』の歌に注目。エルサのメイン曲など新曲多数

  7. 大友良英が『いだてん』音楽で伝える「敗者がいて歴史ができる」 7

    大友良英が『いだてん』音楽で伝える「敗者がいて歴史ができる」

  8. ソフトバンク新CMで岡田准一と賀来賢人が教師、リーチマイケルが校長に 8

    ソフトバンク新CMで岡田准一と賀来賢人が教師、リーチマイケルが校長に

  9. ポン・ジュノ『パラサイト』が東京&大阪の2劇場で先行上映、特別映像付き 9

    ポン・ジュノ『パラサイト』が東京&大阪の2劇場で先行上映、特別映像付き

  10. 星野源、Apple Music『歌詞のままに生きる』登場 日本のアーティストは初 10

    星野源、Apple Music『歌詞のままに生きる』登場 日本のアーティストは初