真木よう子が「愛」と「殺意」に迫る 島本理生『ファーストラヴ』ドラマ化

ドラマ『ファーストラヴ』が2020年2月22日にNHK BSプレミアムで放送される。

『第159回直木三十五賞受賞』を受賞した島本理生の同名小説をドラマ化する『ファーストラヴ』は、父親を殺した女子大生・環菜のルポを書くために、彼女と向きあうことになった公認心理師の由紀が主人公。2人のやりとりを中心に目に見えづらい「心の闇」を臨床心理の視点から描く。撮影は12月に東京都内、関東近郊、富山県で行なわれる予定。

心に傷を負った由紀役を真木よう子、「動機は見つけてください」と語る環菜役を上白石萌歌が演じるほか、環菜の国選弁護人で由紀の義弟でもある迦葉役に平岡祐太、環菜の母・昭菜役に黒木瞳がキャスティング。真木は「この作品をお引き受けしたのは、とても漠然としたもので、何か、この主人公、由紀になってみたい思いが強かったからです。それが何なのかは、撮影が始まってから答えが出ると思います」とコメントしている。

番組情報

『ファーストラヴ』

2020年2月22日(土)21:00~22:59にNHK BSプレミアムで放送
脚本:吉澤智子 原作:島本理生『ファーストラヴ』 出演: 真木よう子 上白石萌歌 平岡祐太 黒木瞳 ほか
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 真木よう子が「愛」と「殺意」に迫る 島本理生『ファーストラヴ』ドラマ化

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて