ニュース

齊藤工が「表現限界」に挑戦する『COMPLY+-ANCE』 特報2バージョン公開

『COMPLY+-ANCE コンプライアンス』 ©EAST FACTORY INC.
『COMPLY+-ANCE コンプライアンス』 ©EAST FACTORY INC.

齊藤工監督の映画『COMPLY+-ANCE コンプライアンス』の初日が2月21日に決定。あわせて追加キャスト、特報映像第2弾、ティザービジュアル、場面写真が公開された。

齊藤工の企画・原案・スチール・声・撮影・脚本・監督による同作は、「日本においての表現限界」に挑戦する作品。秋山ゆずき、平子祐希(アルコ&ピース)、斎藤工、大水洋介(ラバーガール)、古家祥吾(TCクラクション)らが出演するほか、岩切一空、人形アニメーション作家の飯塚貴士がゲスト監督として参加している。

特報映像第2弾として公開されたのは音楽を担当することが判明した狐火と、GARIの2バージョン。追加キャストには、華村あすか、中井友望、半田美樹、山元駿、川島直人が名を連ねる。

さらに12月12日、13日には『MOOSIC LAB 2019』内で『「COMPLY+-ANCE コンプライアンス」公開記念特集上映!』を実施。齊藤監督、岩切監督、飯塚監督、同作のプロデューサー清水康彦の作品が上映されるほか、スタッフ、キャストによる舞台挨拶も予定されている。


YOW-ROW(GARI)のコメント

ご存知の方も居るかと思いますが、某番組による運命的な出会いによってこの作品への参加となりました。
この業界でも<政治的な配慮>や<然るべき手順>が当たり前の中、このようなスピード感で具現化した事に大変興奮しております。
そして入り口はそのような形でも<只の記念試合>ではなく<お互いの共鳴>によるモノである事を証明出来たらなと!

狐火のコメント

映画が公開される日まで、僕の提供楽曲自体がコンプライアンスに引っかかるのではないかとドキドキしていますが、そんな感覚も含めて言いたい事を表現する事が僕は音楽の魅力だと思っています。
無事、僕の楽曲が流れますように!

岩切一空のコメント

「映画に罪はない」なんてありえません。
誰かを傷つけてしまう未来を想定しないでいられる昨日が終わったことに気づけない人々、罪から目を背けて安牌を切ろうとする人々の為にこの作品を作りました。
また明日誰かを傷つけてしまうことになっても、自分を軽蔑しながら生きている人だけが好きです。
この作品を理解しようとしてくれたスタッフ、キャストの皆さん、そして何より、こうした機会をくれた齊藤工監督に感謝します。

飯塚貴士のコメント

自分の中に存在しない価値観に出会った時、その都度立ち止まってあれこれ想像を巡らせる。
一人一人がそういうことを積み重ねていけば、きっとコンプライアンスを巡る問題は解決に向かうと思う。
何でも単純化して先鋭化して押し付けることをやめて欲しくてこの作品を作りました。
笑ったりむっとしたり意味わかんないとか思いつつ、何か少しでも気付きがあったら嬉しいです。

『COMPLY+-ANCE コンプライアンス』 ©EAST FACTORY INC.
『COMPLY+-ANCE コンプライアンス』 ©EAST FACTORY INC.
『COMPLY+-ANCE コンプライアンス』 ©EAST FACTORY INC.
『COMPLY+-ANCE コンプライアンス』 ©EAST FACTORY INC.
『COMPLY+-ANCE コンプライアンス』 ©EAST FACTORY INC.
『COMPLY+-ANCE コンプライアンス』 ©EAST FACTORY INC.
『COMPLY+-ANCE コンプライアンス』 ©EAST FACTORY INC.
『COMPLY+-ANCE コンプライアンス』 ©EAST FACTORY INC.
『COMPLY+-ANCE コンプライアンス』 ©EAST FACTORY INC.
『COMPLY+-ANCE コンプライアンス』 ©EAST FACTORY INC.
『COMPLY+-ANCE コンプライアンス』 ©EAST FACTORY INC.
『COMPLY+-ANCE コンプライアンス』 ©EAST FACTORY INC.
『COMPLY+-ANCE コンプライアンス』ティザービジュアル ©EAST FACTORY INC.
『COMPLY+-ANCE コンプライアンス』ティザービジュアル ©EAST FACTORY INC.
画像を拡大する(8枚)

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像 1

    THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 3

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  4. ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも 4

    ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも

  5. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 5

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  6. 地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る 6

    地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る

  7. 林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着 7

    林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着

  8. 『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか 8

    『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか

  9. ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開 9

    ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開

  10. 『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察 10

    『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察