ニュース

Spotifyが2019年の音楽シーンを振り返るランキングを発表

Spotify 2019年音楽シーン振り返り ビジュアル
Spotify 2019年音楽シーン振り返り ビジュアル

Spotifyが2019年の音楽シーンを振り返るランキングを発表した。

発表されたランキングは「世界で最も再生されたアーティスト」「世界で最も再生された楽曲」「日本国内で最も再生されたアーティスト」「海外で最も再生された国内アーティスト」など。集計期間は1月1日から11月25日。

「世界で最も再生されたアーティスト」の1位に輝いたのはPost Malone。2位と3位にはビリー・アイリッシュ、アリアナ・グランデがそれぞれランクインした。

「世界で最も再生された楽曲」の1位にはショーン・メンデスとカミラ・カベロの“Señorita”が輝き、再生回数は10億を超えたという。そのほか、ビリー・アイリッシュ“bad guy”、Post Malone, Swae Lee“Sunflower - Spider-Man: Into the Spider-Verse”、アリアナ・グランデ“7 rings”などがランクインしている。

「日本国内で最も再生されたアーティスト」はあいみょん。「日本国内で最も再生された楽曲」はOfficial髭男dism“Pretender”となった。「海外で最も再生された国内アーティスト」は3年連続でONE OK ROCK。

2019年はポッドキャストが大きく成長。Spotify上で利用できるポッドキャストの番組数は現在50万を超え、ポッドキャストのリスナー数も前年比50%以上増加した。コメディー、社会・文化、犯罪ドキュメンタリー、ニュース、健康に関するポッドキャスト番組が特に人気を博している。

さらに過去10年間に世界で最も再生されたアーティストのランキングも合わせて発表。1位は280億以上の総再生回数を記録したDrakeで、続いてエド・シーラン、Post Malone、アリアナ・グランデ、Eminem。過去10年で最も再生された楽曲には、23億回以上の再生を記録したエド・シーランの“Shape of You”となった。

Spotifyユーザーは、自身が今年最も聴いた楽曲、アーティストをSpotify上や特設サイトで確認することができるようになるほか、今年よく聴いた楽曲を集めたプレイリスト「My Top Song 2019」も届ける。

2019年 Spotifyグローバルランキング
世界で最も再生されたアーティスト
Post Malone
ビリー・アイリッシュ
アリアナ・グランデ
エド・シーラン
BAD BUNNY

世界で最も再生された男性アーティスト
Post Malone
エド・シーラン
BAD BUNNY
Khalid
J.バルヴィン

世界で最も再生された女性アーティスト
ビリー・アイリッシュ
アリアナ・グランデ
テイラー・スイフト
カミラ・カベロ
Halsey

世界で最も再生されたK-POPアーティスト
BTS
BLACKPINK
TWICE
EXO
Red Velvet

世界で最も再生された楽曲
ショーン・メンデス、 カミラ・カベロ“Señorita”
ビリー・アイリッシュ“bad guy”
Post Malone、Swae Lee“Sunflower - Spider-Man: Into the Spider-Verse”
アリアナ・グランデ“7 rings”
ビリー・レイ・サイラス、Lil Nas X“Old Town Road – Remix”

世界で最も再生されたアルバム
ビリー・アイリッシュ『WHEN WE ALL FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO?』
Post Malone『Hollywood's Bleeding』
アリアナ・グランデ『thank u, next』
エド・シーラン『No.6 Collaborations Project』
ショーン・メンデス『Shawn Mendes』

2019年 Spotifyジャパンランキング
日本国内で最も再生されたアーティスト
あいみょん
Official髭男dism
ONE OK ROCK
BTS
TWICE


日本国内で最も再生された楽曲
Official髭男dism“Pretender”
あいみょん“マリーゴールド”
King Gnu“白日”
あいみょん“君はロックなんて聴かない”
あいみょん“今夜このまま”


日本国内で最も再生されたアルバム
あいみょん『瞬間的シックスセンス』
Official髭男dism『Traveler』
back number『アンコール』
あいみょん『青春のエキサイトメント』
Official髭男dism『エスカパレード』


海外で最も再生された国内アーティスト
ONE OK ROCK
RADWIMPS
宇多田ヒカル
LiSA
Aimer

海外で最も再生された国内アーティストの楽曲
Teriyaki Boyz“Tokyo Drift (Fast & Furious) - From The Fast And The Furious: Tokyo Drift”Soundtrack
TK from 凛として時雨“unravel”
宇多田ヒカル、Skrillex“Face My Fears - English Version”
米津玄師“ピースサイン”
KANA-BOON“シルエット”


2010年代に世界で最も再生されたアーティスト
Drake
エド・シーラン
Post Malone
アリアナ・グランデ
Eminem

2010年代に世界で最も再生された女性アーティスト
アリアナ・グランデ
Rihanna
テイラー・スウィフト
SIA
Beyoncé

2010年代に世界で最も再生された楽曲
エド・シーラン“Shape of You”
Drake、WizKid、Kyla“One Dance”
Post Malone、21 Savage“rockstar (feat. 21 Savage)”
The Chainsmokers、Halsey“Closer”
エド・シーラン“Thinking out Loud”

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開