プラド美術館の「驚異のコレクション」に迫る記録映画、4月に日本公開

映画『プラド美術館 驚異のコレクション』が、4月10日から東京・ヒューマントラストシネマ有楽町、渋谷のBunkamuraル・シネマ、新宿シネマカリテほか全国で順次公開される。

スペイン・マドリードのプラド美術館の開館200周年記念作品となる同作は、かつてのスペイン王国の王族が「知識ではなく心で選んだ」という約8700点の作品が収蔵されるプラド美術館に密着したドキュメンタリー。カメラで接写したディエゴ・ベラスケス、フランシスコ・デ・ゴヤ、エル・グレコらの作品をはじめ、ミゲル・ファロミール館長や学芸員が紹介するヒエロニムス・ボス『快楽の園』、クララ・ピーターズの静物画、収蔵品を保存、修復、研究するスタッフの作業風景、新たなプロジェクトに参加する建築家ノーマン・フォスターの声を通して美術館の魅力に迫る。原題は『THE PRADO MUSEUM. A COLLECTION OF WONDERS』。

ナビゲーターを務めるのは『第63回アカデミー賞』主演男優賞を受賞したジェレミー・アイアンズ。監督をヴァレリア・パリシが務めたほか、サビーナ・フェデーリと共に脚本を手掛けている。

作品情報

『プラド美術館 驚異のコレクション』

2020年4月10日(金)からヒューマントラストシネマ有楽町、Bunkamuraル・シネマ、新宿シネマカリテほか全国で順次公開
監督:ヴァレリア・パリシ 脚本:ヴァレリア・パリシ、サビーナ・フェデーリ 出演:ジェレミー・アイアンズ 上映時間:92分 配給:東京テアトル株式会社
  • HOME
  • Movie,Drama
  • プラド美術館の「驚異のコレクション」に迫る記録映画、4月に日本公開

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて