ニュース

『家族を想うとき』ケン・ローチ監督インタビュー 現代社会の問題訴える

ケン・ローチ ©Kazuko Wakayama
ケン・ローチ ©Kazuko Wakayama

映画『家族を想うとき』のケン・ローチ監督へのインタビューが到着した。

12月13日から公開される同作は、『わたしは、ダニエル・ブレイク』を最後に映画界からの引退を表明するも撤回したケン・ローチ監督が、イギリス・ニューカッスルを舞台に、変わっていく人々の働き方や時代の波に翻弄される「現代の家族の姿」を描いた作品。マイホーム購入を夢見て父リッキーがフランチャイズの宅配ドライバーとして独立し、母アビーはパートタイムの介護福祉士として時間外も働き、息子セブと娘ジェーンが寂しさを募らせていくなか、リッキーがある事件に巻き込まれる、というあらすじだ。

インタビューでケン・ローチ監督は引退撤回の経緯について「『わたしは、ダニエル・ブレイク』(16)を撮り終えた後、多分、これが私の最後の映画になると考えていた。でも、リサーチのために出かけたフード・バンクのことが心に残って…。そこに訪れる人々が、パートタイムやゼロ時間契約で働いていた。いわゆるギグエコノミー、自営業者あるいはエージェンシー・ワーカー(代理店に雇われている人)、パートタイムに雇用形態を切り替えられた、新しいタイプの働き方をする労働者のことが、忘れられなかった。次第に『わたしは、ダニエル・ブレイク』と対をなす、作る価値があるテーマだと思った」と明かしている。

また脚本を手掛けたポール・ラヴァティとのリサーチで何人かのドライバーと会ったことを振り返って「生活をするために働かなければならない時間の長さと、仕事の不安定さに驚愕したよ。彼らは自営業者で、理論上は自分たちのビジネスなので、もし何か不具合が生じたら、すべてのリスクを背負わなければいけないんだ。配送がうまくいかなければ、彼らはダニエル・ブレイクと同じような制裁を受けることになる」とコメント。

キャスティングについては「出演しているドライバーたちは、殆ど全員が現役のドライバーか元ドライバー。彼らは実際の仕事の段取りやプロセス、そして仕事を素早く成し遂げることのプレッシャーを理解しているから」と述べている。

また主人公のリッキーについては「マイホームを購入するために、これまで建設作業員として真面目に働いてきたけど、銀行と住宅金融組合の破綻が同時に起こり、その後は職を転々とするようになってしまう。リッキーは、稼げそうな宅配ドライバーとして働くことを決意し、再び普通の生活に戻れるチャンスを掴もうとする。だから、自らが率先して、へとへとになるまで働かなければいけなくなってしまう」と語る。

アビーについては「幸せな結婚生活を送っている母親で、リッキーと信頼関係もあり、子供たちに対しては良い両親になろうと努力している。だけど、彼女も家にいられないほど一所懸命に働かなければならず、さらに、便数のないバスで通勤しているため、長時間仕事に拘束されてしまう」とコメント。

セブとジェーンについてはそれぞれ「息子のセブは16歳だけど、彼を見守るべき両親が共に仕事で不在がちなせいで、道を踏み外していってしまう。両親は、セブが学校から逃げ出し、トラブルを起こしていると思っている。リッキーは考えが保守的だから、セブと対立してしまうけど、彼には両親が気づいていない、芸術的でクリエイティブな才能がある」「とても聡明な子で、ユーモアのセンスがある。家族の中の仲裁役として、全員がバラバラになってしまいそうになった時、彼女は家族を一つにまとめようとするんだ」と語っている。

インタビューの最後は「1日14時間、くたくたになるまで働いているバンのドライバーを介して買った物を手に入れるということが、持続可能なシステムなのか?友人や家族の関係性までに影響を及ぼしてしまうほどの、プレッシャーのもとで人々が働き、人生を狭めるような世界を、私たちは望んでいるのだろうか?資本主義のシステムは、金を儲けることが目的で、労働者の生活の質には関係がない。ごく普通の家族が、ワーキング・プアに追い込まれてしまう。だから登場人物に共感し、彼らと共に笑い、彼らの問題を自分ごとのように感じて欲しい」と締めくくった。

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像 1

    THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 3

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  4. ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも 4

    ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも

  5. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 5

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  6. 地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る 6

    地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る

  7. 林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着 7

    林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着

  8. 『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか 8

    『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか

  9. ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開 9

    ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開

  10. 『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察 10

    『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察