『芥川賞』『直木賞』候補発表 千葉雅也、湊かなえ、誉田哲也、小川哲ら

『第162回芥川龍之介賞』および『第162回直木三十五賞』の候補作品が発表された。

『芥川賞』候補に選ばれたのは、木村友祐『幼な子の聖戦』、高尾長良『音に聞く』、千葉雅也『デッドライン』、乗代雄介『最高の任務』、古川真人『背高泡立草』の5作品。高尾は3度目、古川は4度目、木村、千葉、乗代は初の選出となる。

『直木賞』候補は、小川哲『嘘と正典』、川越宗一『熱源』、呉勝浩『スワン』、誉田哲也『背中の蜘蛛』、湊かなえ『落日』の5作品。湊は4度目、小川、川越、呉、誉田は初の選出となる。

選考委員会は、1月15日16:00から東京・築地の新喜楽で開催される。

『第162回芥川龍之介賞』候補作品

木村友祐『幼な子の聖戦』(『すばる』11月号)
高尾長良『音に聞く』(『文學界』9月号)
千葉雅也『デッドライン』(『新潮』9月号)
乗代雄介『最高の任務』(『群像』12月号)
古川真人『背高泡立草』(『すばる』10月号)

『第162回直木三十五賞』候補作品

小川哲『嘘と正典』(早川書房)
川越宗一『熱源』(文藝春秋)
呉勝浩『スワン』(KADOKAWA)
誉田哲也『背中の蜘蛛』(双葉社)
湊かなえ『落日』(角川春樹事務所)

  • HOME
  • Book
  • 『芥川賞』『直木賞』候補発表 千葉雅也、湊かなえ、誉田哲也、小川哲ら

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて