大比良瑞希の新曲“Eternal My Room”配信、23歳の市川稜によるPV公開

大比良瑞希の新曲“Eternal My Room”が本日12月25日に配信リリース。PVが公開された。

“Eternal My Room”という曲名は、昨年からスタートした大比良瑞希のワンマンライブのタイトルにも使用。大比良は「“Eternal My Room”=永遠の私の部屋を意味し、私の選んだソファや、好きなレコードや、思い出のノートが転がっているその場所は、私自身」と語っている。

楽曲の作詞を大比良、編曲を伊藤修平が手掛け、作曲は大比良と伊藤の共作。演奏者には伊藤(Vc)をはじめ、井上惇志(Key / showmore)、越智俊介(Ba / CRCK/LCKS)、GOTO(Dr / DALLJUB STEP CLUB)、松下ぱなお(Par)、藤山周(Gt)、めかる(Vn)、須原杏(Vn)、角谷奈緒子(Vla)が名を連ねる。ミックスは塚田耕司、レコーディングは塚田耕司と向啓介、マスタリングは木村健太郎によるもの。ジャケットデザインは田口陵(CIDER inc.)が担当。

PVを手掛けたのはVJ、映像作家として活動する23歳の市川稜(コエ)。真っ暗な部屋の中で向かい合って歌う2人の大比良の姿が映し出されている。衣装はバーニーズ ニューヨークが協力している。

※記事掲載時、誤った情報が記載されていました。訂正してお詫びいたします。

リリース情報
  • HOME
  • Music
  • 大比良瑞希の新曲“Eternal My Room”配信、23歳の市川稜によるPV公開

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて