ニュース

内田理央主演『来世ちゃん』OP曲は大森靖子feat.峯田和伸“Re: Re: Love”

内田理央と大森靖子
内田理央と大森靖子

連続ドラマ『来世ではちゃんとします』のオープニングテーマが発表された。

オープニングテーマとなるのは、大森靖子が峯田和伸(銀杏BOYZ)と共作した“Re: Re: Love”。同曲は今年6月にリリースされ、大森靖子のベストアルバム『大森靖子』にも収録されている。主題歌にはSCANDAL“Tonight”が起用される。

1月8日からテレビ東京「ドラマパラビ」、1月12日からテレビ愛知で放送、1月1日から「Paravi」で独占先行配信される『来世ではちゃんとします』は、いつまちゃんが『グランドジャンプ』で連載中の同名漫画をもとにしたラブコメディー。架空のCG制作会社スタジオデルタを舞台に、「性をこじらせた」様々な男女が織り成す物語を描く。5人のセフレがいる「性依存系女子」でありながらも本命の恋人になれない大森桃江役に内田理央がキャスティング。

オープニングテーマへの起用は、原作者のいつまちゃんが大森靖子のファンということが理由だという。オープニングテーマに決定したことを受けて大森靖子、内田理央、いつまちゃん、祖父江里奈(テレビ東京プロデューサー)からコメントが到着している。

大森靖子のコメント

オープニングテーマに選んでくださってありがとうございます!峯田さんへの私が青春全部かけたクソめんどくさいガチ恋を拗らせまくった末に、それはそうと音楽家として自分らしく生き抜くことにより、一緒に歌う未来の中に今居て、こうしてSFを超越して操ったのに四畳半が現れてそこでも歌以上の何も絶対におこらない、でも歌は無限でむなしい、このタイミングでまたこのいつまちゃんの作品と出会い、どのようなところまでぶっ飛んでいけるのか楽しみにしています!!!
だーりおさんめっかわ!

内田理央のコメント

大森さんの可愛くて強い歌と峯田さんの声がとてもマッチしていて、歌詞のちょっとこじれた歪(いびつ)な愛の形が来世ちゃんの世界観とマッチしているなと思いました。
OPはこの曲に合わせてスタジオデルタのメンバーでエアバンドをさせて戴きました!普段とは違う姿でシャウトしてるのでそちらもお楽しみに!

いつまちゃんのコメント

オープニングが大森靖子さんの楽曲に決まってとっても嬉しかったです。大森さんの書く歌詞は自分にだけ見えていたはずのどうしようもないけど愛おしい青春を鋭く言語化されていてスッと胸に入ってきます。「Re: Re: Love」は半径5メートルが世界の全てに感じられる恋人と過ごす昼下がりが詰まっていて聞いていて気持ちいいし、どこか切なくてたまに地下まで気持ちがひっぱられるすごい曲です。この曲が加わったことで『来世ではちゃんとします』の世界に陽の光を含んだ風が足されたように感じました。楽曲提供ありがとうございました。

祖父江里奈(テレビ東京プロデューサー)のコメント

大森靖子さんほど「来世ではちゃんとします」の世界観にピッタリなアーティストは他にいないと思いました。女の子特有の可愛さ、めんどくささ、一生懸命さ、不器用さを全身全霊で歌い上げる大森さんとその楽曲は、作品の登場人物たち、特に主人公の桃江の生き方を表しているようです。しかも今回は峯田和伸さんとのコラボ曲ということで、セカンド童貞や風俗ガチ恋などの”こじらせ男性”もたくさん登場するこのドラマに本当にあっていると思います。三木康一郎監督が演出したオープニングは「もしスタジオデルタのメンバーがバンドを組んだら」という想定で撮影された、とてもおもしろい映像となっています。ファッションも音楽性もバラバラなメンバーがゆる~く一緒にバンドを組んでいるというのがいかにもスタジオデルタらしいな、と。ご期待下さい!

『ドラマパラビ「来世ではちゃんとします」』 ©「来世ではちゃんとします」製作委員会
『ドラマパラビ「来世ではちゃんとします」』 ©「来世ではちゃんとします」製作委員会
大森靖子
大森靖子
画像を拡大する(3枚)

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像 1

    THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 3

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  4. ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも 4

    ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも

  5. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 5

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  6. 地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る 6

    地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る

  7. 林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着 7

    林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着

  8. 『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか 8

    『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか

  9. ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開 9

    ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開

  10. 『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察 10

    『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察