チームラボが特別名勝・栗林公園を光のアート空間に変える『光の祭』

『チームラボ 栗林公園 光の祭』が、1月25日から香川・高松の栗林公園で開催される。

国の特別名勝に指定されている江戸初期の回遊式庭園である栗林公園。同イベントでは、一歩一景とも言われる栗林公園を、人々の存在によって変化するインタラクティブな光のアート空間に変えるという。

展示作品は、水面に浮かぶランプを使う『浮遊する呼応するランプ - ワンストローク / Floating Resonating Lamps - One Stroke』をはじめ、『生命は連続する光 - 涵翠池 / Life is Continuous Light - Kansui Pond』『自立しつつも呼応する生命の森 / Forest of Autonomous Resonating Life』『増殖する生命の石壁 - 紫雲山 / Ever Blossoming Life Rock Wall - Mt. Shiun』『自立しつつも呼応する生命 / Autonomous Resonating Life』など。

前売チケットの販売は1月24日まで実施中。

イベント情報

『チームラボ 栗林公園 光の祭』

2020年1月25日(土)~3月8日(日) 会場:香川県 高松 栗林公園 時間:18:30~21:30(最終入園は21:00) 定休日:水曜 料金: 前売 大人(18歳以上)1,300円 小中高生400円 未就学児無料 当日 大人(18歳以上)1,500円 小学生、中学生、高校生500円 未就学児無料
  • HOME
  • Art,Design
  • チームラボが特別名勝・栗林公園を光のアート空間に変える『光の祭』

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて