佐藤大樹×橋本環奈『小説の神様』に佐藤流司、柴田杏花、片岡愛之助ら7人

映画『小説の神様』の追加キャストが発表された。

相沢沙呼の同名小説をもとにした『小説の神様』は、2人の高校生小説家の物語を描いた作品。売れないナイーブな小説家・千谷一也と、ヒット作を連発する小余綾詩凪は、編集者から小説の共作を依頼され、反発しあいながらも2人で物語を創作していくが、やがて一也が詩凪の大きな秘密を知ってしまうというあらすじだ。千谷一也役を佐藤大樹(EXILE、FANTASTICS from EXILE TRIBE)、小余綾詩凪役を橋本環奈が演じる。脚本を鎌田哲生、音楽を中野雄太が手掛け、監督を『HiGH&LOW』シリーズの久保茂昭が務めた。5月22日公開。

発表された追加キャストは、佐藤流司、柴田杏花、莉子、坂口涼太郎、山本未來、片岡愛之助、和久井映見の7人。

佐藤流司は一也が小説家であることを知る数少ない友人であり、詩凪を文芸部に誘うなど物語のキーマンでもある文芸部の部長・九ノ里正樹役、柴田杏花は一也の小説の大ファンで彼に憧れを抱きながら、小説の執筆に情熱を燃やす後輩・成瀬秋乃役、山本未來は一也と詩凪の才能を見込み、共作を持ちかける担当編集者・河埜役、坂口涼太郎は一也のデビュー作の担当編集者・野中役、片岡愛之助は一也の父親で小説家でもある千谷昌也役、和久井映見は一也を励まし見守る母親・千谷優理子役、莉子は病気で入院中の一也の妹・千谷雛子役をそれぞれ演じる。

※記事掲載時、誤った情報が記載されていました。訂正してお詫びいたします。

作品情報

『小説の神様』

2020年5月22日(金)から全国公開
監督:久保茂昭 脚本:鎌田哲生 原作:相沢沙呼『小説の神様』(講談社タイガ) 音楽:中野雄太 出演: 佐藤大樹(EXILE、FANTASTICS from EXILE TRIBE) 橋本環奈 佐藤流司 柴田杏花 莉子 坂口涼太郎 山本未來 片岡愛之助 和久井映見 配給:松竹
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 佐藤大樹×橋本環奈『小説の神様』に佐藤流司、柴田杏花、片岡愛之助ら7人

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて