ニュース

上白石萌歌×細田佳央太『子供はわかってあげない』に豊川悦司、千葉雄大ら

『子供はわかってあげない』キャスト ©2020「子供はわかってあげない」製作委員会
『子供はわかってあげない』キャスト ©2020「子供はわかってあげない」製作委員会

沖田修一監督の映画『子供はわかってあげない』の追加キャストと特報映像、「両A面ティザーチラシ」ビジュアルが公開された。

6月から全国公開される『子供はわかってあげない』は、田島列島の同名漫画をもとにした作品。高校2年生の朔田美波と書道部員の「もじくん」こと門司昭平が共に父親探しの旅に出る様を描く。朔田美波役に上白石萌歌、門司昭平役に『町田くんの世界』主演の細田佳央太がキャスティング。脚本をふじきみつ彦と沖田修一が共同で手掛けた。

新たに出演が発表されたのは、豊川悦司、千葉雄大、斉藤由貴、古舘寛治。豊川悦司は美波の実父で行方不明となった藁谷友充役、千葉雄大は門司昭平の兄・明大役、斉藤由貴は美波の母親・朔田由起役、古舘寛治は美波の育ての父・朔田清役を演じる。

特報映像では、美波と昭平が「水泳の朔田」「書道部の門司」と自己紹介する様をはじめ、墨に筆をつける美波に昭平が「『あれ? これ暗殺かな?』って思ったらすぐ逃げなね」と話す姿、美波と藁谷友充が「娘です」「父です」と挨拶する場面、美波が涙を流すシーン、「来るよ来るよ~胸騒ぎってやつが」という言葉などが確認できる。

また「両A面ティザーチラシ」ビジュアルには、美波と昭平の姿などが映し出されているほか、「キミと出会い、素敵な夏になった――」「私を変えたあの夏の冒険」というコピーが使用されている。

豊川悦司のコメント

おっさんにはおっさんの夏があるわけで、そんなおっさんの一夏を沖田組で楽しく過ごすことができました。
子供はわかってくれないけど、それでも一緒にいるのはとても楽しい。
人生って順番通りに進むんだなぁ、てホント思います。

千葉雄大のコメント

また沖田組に参加できたことは、僕にとってご褒美のような出来事で、前回ご一緒したときより少しでも成長した姿を見せたいと肩を回して現場に臨んだのですが、そんな気負いはどこへやらすごく自然体で現場にいてしまった気がします。
沖田さんの前では嘘つけないな、と。上白石さんも細田くんもとても素敵で大好きな役者さんです。
誇張されがちなところを本当に自然なものとして表現したいと思いやらせていただきました。

斉藤由貴のコメント

沖田組のスタートは、まず「美波の家族」として、一緒にピクニックをして、遊園地で遊ぶところから始まりました。「写真のためにピクニック」「写真のために遊園地」ではなくて、本当に家族でお弁当を食べ、本当に絶叫マシーンに乗り、本当にレストランで食事をし、お土産を買いました。「演技」ではない、温かく優しい家族の空気感が、そうしてちゃんと生まれました。
生きるために必要な、「安心感と心地良さ」。それが映像に醸し出されていたらとても嬉しいです。

古舘寛治のコメント

僕が30代から参加してる沖田監督との久しぶりの映画。
昔の友人に会うような心境だったかも知れません。知っているスタッフも多く、同窓会に行くような感じでもありました。そして過ぎた月日を思い、改めて自分も歳とったな~と感じました。
高校生の娘がいる父。そういう役が多くなってきました。
今回、子供がいない自分には想像が難しかったですが、撮影終盤には本当に美波みたいな娘がいたらな~と思ったりもしました(笑)
どんな映画になるんでしょう。楽しみにしています。

『子供はわかってあげない』両A面ティザーチラシビジュアル ©2020「子供はわかってあげない」製作委員会
『子供はわかってあげない』両A面ティザーチラシビジュアル ©2020「子供はわかってあげない」製作委員会
『子供はわかってあげない』両A面ティザーチラシビジュアル ©2020「子供はわかってあげない」製作委員会
『子供はわかってあげない』両A面ティザーチラシビジュアル ©2020「子供はわかってあげない」製作委員会
画像を拡大する(3枚)

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像 1

    THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 3

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  4. ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも 4

    ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも

  5. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 5

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  6. 地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る 6

    地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る

  7. 林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着 7

    林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着

  8. 『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか 8

    『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか

  9. ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開 9

    ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開

  10. 『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察 10

    『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察