池田エライザの初監督映画『夏、至るころ』倉悠貴の姿を捉えたポスター公開

池田エライザ監督の映画『夏、至るころ』のポスタービジュアルが公開された。

池田エライザの初監督作品となる同作は、地域の「食」や「高校生」とコラボした青春映画制作プロジェクト『ぼくらのレシピ図鑑』の第2弾。今回は福岡・田川が舞台となる。公開は2020年。

出演者は、主演の倉悠貴をはじめ、石内呂依、さいとうなり、安部賢一、杉野希妃、大塚まさじ、高良健吾、リリーフランキー、原日出子。ポスタービジュアルには「お前と、ずっと一緒やと思っちょった」というコピーと共に倉悠貴の姿が写し出されている。

池田エライザ監督のコメント

山並みから聞こえる太鼓の鼓動。人々の豊かさを表すお囃子の音。
福岡県田川市の脈々と流れる、人間らしさ、逞しさ、優しさ。どれを掬っても純度が高く、田川市で出会った、とある少年の願いにふと思い出した私自身の青春時代の後悔や挫折、そして彼、彼らへのメッセージを和太鼓の音色と共に作品に込めました。
主演の倉悠希さん、オーディション出会った石内呂依さん、ゆりかごのような優しさを持つヒロインのさいとうなりさんをはじめとする若手役者達、そして本作品に参加したいと名乗りをあげてくださった素晴らしい先輩役者の愛に恵まれて、無事、完成致しました。本当に感謝でいっぱいです。

作品情報

『夏、至るころ』

2020年公開
監督:池田エライザ 脚本:下田悠子 出演: 倉悠貴 石内呂依 さいとうなり 安部賢一 杉野希妃 大塚まさじ 高良健吾 リリーフランキー 原日出子
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 池田エライザの初監督映画『夏、至るころ』倉悠貴の姿を捉えたポスター公開

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて