バカリズム「冬の月曜は国民の休日にするべき」 映画『架空OL日記』新予告

映画『架空OL日記』の新たな予告編が公開された。

2月28日から公開される同作は、バカリズムが約3年間にわたって銀行勤務のOLとして書き綴っていたブログを書籍化した『架空OL日記』をもとに、2017年に放送された同名ドラマの映画版。ドラマ版に続いてバカリズムが自ら主演と脚本を務めるほか、監督を住田崇が続投する。

予告編では、バカリズム演じる「私」が夏帆演じる藤川真紀に「冬の月曜は国民の休日にするべきだよね」とこぼす姿をはじめ、「私」と臼田あさ美演じる小峰智子、山田真歩演じる酒木法子が「冬の便座ってマジで拷問ですよね」「座る時覚悟いるよね」「ていうか、2人お尻つけてる?」「え、酒木さんつけない派ですか?」とやりとりする様子、「私」の「月曜はみんないつもより性格が悪い」というナレーション、更衣室で小峰智子が「小峰! 小峰!」というコールに合わせて踊る様などが確認できる。

作品情報

『架空OL日記』

2020年2月28日(金)から公開
監督:住田崇 脚本:バカリズム 原作:バカリズム『架空OL日記』(小学館文庫) 主題歌:吉澤嘉代子“月曜日戦争” 出演: バカリズム 夏帆 臼田あさ美 佐藤玲 山田真歩 三浦透子 シム・ウンギョン 石橋菜津美 志田未来 坂井真紀 配給:ポニーキャニオン/読売テレビ
  • HOME
  • Movie,Drama
  • バカリズム「冬の月曜は国民の休日にするべき」 映画『架空OL日記』新予告

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて