ニュース

OORUTAICHI with SPECIAL BAND『HOTOKENO』3月発売&ウリチパン郡の再発も

OORUTAICHI with SPECIAL BAND『HOTOKENO』ジャケット
OORUTAICHI with SPECIAL BAND『HOTOKENO』ジャケット

OORUTAICHI with SPECIAL BANDの新作『HOTOKENO』が3月10日にリリースされる。

現在放送中のテレビアニメ『映像研には手を出すな!』の劇伴を手掛けているオオルタイチ。OORUTAICHI with SPECIAL BANDはオオルタイチ(Vo,Gt)、植野隆司(Gt,Sax / テニスコーツ)、石田多朗(Pf, Syn, Gong)、トンチ(Steelpan, Cho / トンチトリオ、滞空時間)、田中馨(Ba / Hei Tanaka、ショピン)、岸田佳也(Dr / トクマルシューゴバンド)、成田七海(Vc)、川村蕗倭皇(Vla,Vl)で構成される。『HOTOKENO』は新曲“ほとけの”、水曜日のカンパネラへの提供曲をリアレンジした“愛しいものたちへ”、2010年にキセルをフィーチャーして発表した“燃えるひみつ”のセルフカバーなど全5曲を収録。

また、同日にウリチパン郡の『ジャイアント・クラブ』を再発することも発表された。2010年をもって無期限活動休止となったウリチパン郡はオオルタイチ、YTAMO、千住宗臣(ex.BOREDOMS、PARA)、カメイナホコ(三田村管打団?、moonfaceboys)によるバンドで、2008年発売の『ジャイアント・クラブ』は全10曲を収録。2008年のリリース時には坂本龍一、UA、トクマルシューゴ、内田也哉子、岸野雄一、内橋和久、山本精一がコメントを寄せた。

坂本龍一のコメント

POPSの究極のすがたは、わらべうたかな?
このアルバムを聴いていて、フトそんなことを思いました。
すごく時間をかけて、ていねいにつくってあるね。

UAのコメント

黒潮にのってやってきた!?こんな爽やか変態、聴いたことない。

トクマルシューゴのコメント

こんな音楽に出会えた事が嬉しくて仕方がない。間違いなく日本屈指のポップグループ。
アルタナティブなポップのひとつの極みであるのに、未来を感じる音楽だ。

内田也哉子のコメント

デジャヴュにも、予感にも当てはまらない正真正銘、生まれて初めて聞いた音なのです。
しかしながら、私の小指あたりの細胞が実に楽しげに弾けているところをみると、どうやら現在の私には知り得ない記憶で繋がっていそうな気もするわけで、、、
ウリチパン郡の小気味良い謎は深まるばかり。

岸野雄一のコメント

「ウリチパン郡の国からこんにちは」
音楽から地域性が失われて久しい。農耕といった集団作業では、かろうじて、麦踏みの歌などのレパートリーが残ったが、産業革命以降、まず、機械がモノ作りのレパートリーの数々を奪っていった。しかしながら、機械の紡ぐリズムは我々を魅了し、それは新たなる共感覚=連帯を生み出していった。それはそのままテクノの誕生までつながるであろう感覚である。さて、地域コミュティからネット・コミュニティに移行した現代、せっかく規模はWWWまで広がったのに、かつてあったスケールの大きな、全人類への呼び掛けのような歌(六文銭「旅立ちの歌」や三波春夫「世界の国からこんにちは」等)は、絶滅の危機に瀕している。誰もがチマチマとしたマーケッティングで、友人が誉めてくれるような小規模コミュニティ・ミュージックしか作りやがらねえからだ。そんななかで、架空のフォークロアへの憧憬を音楽化し続けてきたウリチパン郡の新作は、まるで21世紀の理想郷での労働歌のようにスケールが大きい。ここに新しい広義の意味でのポップスが始まる予感がある。

内橋和久のコメント

ウリチパン郡という地には、秘密の道があるという。世界の何処へも通じる、秘密の道。その道を知るのは、たった4人の音楽家。今ぼくらに必要なのは、世界を繋ぐ、彼らの音楽。

山本精一のコメント

ウリチパン郡・新作に寄す
いつ聴いても不思議な音楽だ。
不思議だけど、でも、ずっと以前から聴いていたような感覚にもなる。
おそらくその理由は、この音楽が持つ、ある種の普遍性が、我々の琴線に触れるという事なんだと思う。特にメロディにはそのことを強く感じさせられる。このメロは、我々モンゴロイドが共通に持つ(宿す) タネが発芽したものだ。メロだけではない。声や、リズムや、曲自体のカタチや、全体の空気まで、なんとも懐かしい斬新さに襲われる。そして、それでいて、というか、それだからこそか、ウリチパン郡は、完璧に彼らだけの「律」を持っている。ちょっとこういう芸当はできないし、おいそれとこんなバンド出てこないのである。
平成二十年一月某日

ウリチパン郡『ジャイアント・クラブ』ジャケット
ウリチパン郡『ジャイアント・クラブ』ジャケット
OORUTAICHI with SPECIAL BAND
OORUTAICHI with SPECIAL BAND
OORUTAICHI with SPECIAL BAND
OORUTAICHI with SPECIAL BAND
ウリチパン郡
ウリチパン郡
オオルタイチ
オオルタイチ
画像を拡大する(6枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開